ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

「闇金」で取り敢えず借りてみる危険

2016/08/01

スポンサードリンク

消費者金融でもう枠が一杯になった、クレジットカードのショッキング枠もキャッシュ枠も一杯になった、そこで、とにかくお金が必要なので「闇金」から取り敢えず借りてみる、司法書士の仕事をしていて一番驚くのが、この借り手側の安易な動機です。

最高裁で金利のグレーゾーンをがなくなり、法律で厳格に適正な金利を定めていても、改正賃金業法により、「総量規制」で借りすぎを防止しようとしても、そんな法律を一切無視、法律などお構いなしと水面下でうごめいている組織が存在します、それは冒頭で言ったいわゆる「闇金」という組織です。

そもそも何をもって「闇金」と言うのかと言うと、「出資法」という法律に違反する方外な高い金利で、貸付けを行う金融業者の事を言い、また、「闇金」というのはもうずいぶん前から存在をしており、暴利をむさぼる金融組織です。

ドラマや映画で「トイチ」と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、10日で1割の利子というトンデモない金利でお金を貸し出すのですが、困った事にこういう仕組みの「闇金」に手を出してしまう方が後を絶たないんです。司法書士の仕事を普段してて、駆け込み的にこられる方の殆どがこの闇金に手を出した方になります。

多重債務に陥って、どこからもお金が借りれない、でもすぐにお金が必要、という方達が甘い広告に誘われて最後の手段的に、闇金にすがってしまうわけです。

スポンサードリンク


最近相談にこられた方の中には、トサン(10日で3割)、ドゴ(10日で5割)と言った、もう超トンデモな業者に手を出している方もいます。

これは皆さん絶対に覚えてて欲しいのですが、「闇金」というのは100%違法で、その存在そのものから金利からすべて違法。ちなみに取り立ても違法。

正規の金融業者で本来なら取り立てのしないような時間、夜間でも、平気で取り立てをしてきます、それも1回や2回ではありません、一晩中何十回も電話をかけてきます、深夜に家まで押しかけてくるケースも珍しいものではありません。

もちろんですが、ここまですると言うことは勤務先にも平気で電話をかけてきます、この行動は、そもそも取り立てが目的ではなく、ただの嫌がらせ目的なんです。勤務先の上司や同僚たちに「この人は「闇金」からお金を借りてるんですよ」と知らせるためです、人が嫌がることを本当にしつこく、陰湿にそして組織ぐるみで仕掛けてくるのですから、本当に悪質で、たまったものじゃありません。

私が経験した中でもっとも悪質なケースは、ご子息の通っている学校の前で夕方から待ちぶせて、「お前のお父さんはお金を返さない」とか「お前のお父さんは悪者だ」とか、おいおい、どっちが悪者なんだとツッコミたくなるような事までしてます。流石にお子さんに危害は加えることはないようですが、友達と登下校してるお子さんなんかは、それを聞かれたせいで、いじめに合ってるとの報告も聞きます、本当に「トンデモない」の一言に尽きます。

ですからクレジットカードがもう使えなくなった、消費者金融でお金が借りれなくなったと言う場合で、どんなにお金に困ってしまっても「闇金」だけには手を出したら本当に駄目です、手を出したら最後、法律の知識のない一般の方はトコトン追い詰められます。

多重債務気味の方に「闇金」だけには手を出したら駄目ですよ!と助言すると、「そんなの分かってるよ」とだいたい笑って返事があるのですが、改正賃金業法により「総量規制」の影響でお金が借りにくくなり、「そんなの分かってると」と笑ってた方が続々と手を出してます。

「総量規制で正規の業者から借りれなくなった分、なんとかお金を工面ということで、ちょっとだけなら、の気持ちで手を出す方が増加しているのが実情で、手口も仕組みも年々巧妙化しているので、本当に注意が必要です。

今は消費者金融から借りれなくなった方が「闇金」、クレジットカード枠の「現金化これに手を出してますので、クレジットカードの現金化の話にも注意が必要です。