ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの審査落ちの理由は絶対に教えてもらえない

2016/08/01

スポンサードリンク

以前、クレジットカード会社のコールセンターに勤務していた時、よく「審査に落ちた事に納得がいかない、理由がどうしても知りたい、教えてくれ」と何度も電話をかけてくる方がいらっしゃいました。

しかし、何をどう言おうが、クレジットカード会社は理由を教えません。

それは何故かと言うとクレジットカード会社には審査に落ちた理由を申込者に対して開示する法的な義務が一切ないことからきてます。

どうして審査に落ちたのかと言うのは、個人信用情報が真っ黒だった(いわゆるブラック)と言うのは論外として、金融事故も起こしたことがないのに、審査で落とすと言うのはクレジットカード会社の審査担当にしか分からないと申しましょうか、そのクレジットカード会社のノウハウそのもの、企業秘密でもあるので公開できません。

実は、クレジットカードの審査と言うのはどこもそうですが、「以前審査で落とした申込者だけど、再申し込みされた今回は審査に通す」事があります。

これは、以前お断りをした事実があるが、今回の申込の時にその後の信用情報の経過を見てみると良好なクレヒスが形成されており、自社の審査基準を満たしたと言うことで一度お断りをした申込者にもクレジットカードを発行する場合があります。

スポンサードリンク


典型的な例がスーパーホワイト状態でお断りをした申込者が再度申込をしてきた時に個人信用情報を参照すると、他社でクレヒスを積んでいて、しかも良好である、それでは今度は審査を通しましょう、という具合です。

しかし冒頭に申しましたように、「なんで審査に落ちたんだ!」「納得がいかない理由を教えろ!」と怒鳴りながら電話をされてしまった方は、経験上「社内永久ブラック」扱いで登録されてしまい、今後、審査に通過できる状態に仮になったとしても永久にカード発行は無理となってしまいますので気持ちは分かるのですが絶対に審査落ちに対してのクレームの電話だけはやめましょう。

コールセンターに勤務された事のない方はそんな事頻繁にあるの?と疑問を抱くと思いますが、広告等で申込キャンペーンを大々的に打った後には当然、申込も多いわけでそれに比例するように審査落ちをする方も多くなり、この手の電話がバンバン鳴ります。(※細かい事を言えば、コールセンターでは電話音は鳴りませんが)

と言うことで、何を言っても審査落ちの理由はその会社のノウハウでもありますので絶対に教えてはくれません、気持ちは分かりますが聞くだけ無駄ですのでやめましょう。