ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの現金化が危険であるこれだけの理由

2016/08/01

スポンサードリンク

クレジットカードの現金化、要するにクレジットカードのショッピング枠の現金化が違法行為であることは「ショッピング枠の現金化」が社会問題化」で警鐘を鳴らしましたがもう少し具体的に話しを掘り下げて今回記事を書いてみます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化をすることはクレジットカード会社の利用規約に反すること、価値のないものをクレジットカード会社に一時的にでも立替払いさせたことにより、最悪、詐欺罪に問われても文句は言えません。

また、クレジットカードの現金化業者のほとんどはそもそも自前で決済機能をもっておりません、要するにクレジットカードが正式に認めた加盟店ではありませんので、「決済代行業者」のシステムを使ってクレジットカードを決済します。

「決済代行業者」の仕組みや問題については後日お話しするとして、決済代行は基本的に海外のクレジットカード会社のシステムを通して行われます、海外のクレジットカード会社の加盟店審査には甘い所が非常に多いためです。

手持ちのカードにVISAやマスターなどのブランドさえついていれば、海外ルートの決済代行であってもブランドを通じて決済ができてしまいます。

逆にブランドを通じて海外決済ができないと今度は海外に行った時に困るのでブランドを通じて決済をすることは悪いことばかりではありませんが、クレジットカードの現金化業者はこの仕組みを悪用しているわけです。

スポンサードリンク


この決済代行の怖い所は、何か問題が起きてキャンセルをしようとした時に、実際に自分が使っているクレジットカード会社ではなく、決済代行で使われた海外のクレジットカード会社に申し立てをしないといけない仕組みがある事です。

また、クレジットカードの現金化を申し込んで決済をしたが、お金が一切振り込まれない、なんてことはよくある話しです。

そんな時に利用したクレジットカード会社に泣きついても「そもそもクレジットカードの現金化は利用規約に違反しております、決済された金額はすべてお客さまがお支払い下さい、そして今後のお取引は一切出来ないものとして強制解約とさせて頂きます」と言われるだけです。

とにかくクレジットカードの現金化を利用して多いのが

決済をしたのに振り込まれない
約束と全然違う金額が振り込まれた
(例)20万円振込の約束が10円だけ振り込まれたケースも多数

この2つで、どちらも結果は悲惨です。

利用したクレジットカード会社に訴えても、規約違反で門前払い、クレジットカードの現金化業者に連絡しても音信不通だったり、電話を切られたり、そんなの知りませんと言われたり、色んな意味で最悪の結果を迎えることがあります。

そもそもクレジットカードの現金化をやってるような業者というのは闇金業者となんら変わりありません、表でクレジットカードの現金化をやって、裏で闇金を営んでるケースがほとんど、そういう相手に安易にクレジットカードの現金化の取引をした所で悲惨な結果になることは目に見えてます。

また私は様々なクレジットカードのコールセンターに長年勤務させて頂いた中で今でも各クレジットカード会社の社員の方と親交がりますが、どのクレジットカードの社員さまもおっしゃる事が「クレジットカードの現金化業者を突き止めていて、それを利用してるお客さまも絞り込んでいて、既にそれを理由に強制解約にしたお客さまも多数いる」と言われてます。

以前は、捜査のような事はやってなかったのですが、自己防衛の為でしょうか、クレジットカード会社はクレジットカードの現金化に目を光らせています。

中には「ネットの口コミで、あの現金化業者を使ったけど大丈夫だった」と言う方もいらっしゃるかも知れません、しかし、本当に大丈夫なんでしょうか?現金化業者との取引はうまくいってもクレジットカード会社はその利用履歴がクレジットカードの現金化をしたと突き止めているかも知れませんから、いつ何時利用停止になるか分かりません。

お金に困ってる人は「クレジットカード 現金化 比較」「クレジットカード 現金化 口コミ」などで検索する方が多いようですが、そういうので検索されて載ってるような業者は決して利用してはいけません、そのサイトに書いてある口コミもレビューも全部デタラメです。

お金に困ってクレジットカードの現金化をする気持ちは分からないでもないのですが、借金や債務問題を根本的に解決してくれるものではありませし、逆に借金が加速をつけて広がるだけです。

そして一番の問題がクレジットカードの現金化に手をつけたまま、自己破産等になった場合、クレジットカード会社が現金化を利用した事を把握してる場合に裁判所に「この人は違法に当社のクレジットカードのショッピング枠を現金化してまで自己破産の申請をしているから納得がいかない」と異議を申し立てられます。

全部が全部ではないにしろ、クレジットカードの現金化をした状態での自己破産等の債務整理は裁判官の心証が非常に悪いので、最悪免責が降りなくなることもあるのです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化をして一切何もいいことはありません、クレジットカードの現金化に手をつける前に「債務問題に強い弁護士」「債務問題に強い司法書士」「債務整理に強い法律事務所」に相談して借金問題の根本的な解決をされることを強くお勧めします。