ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

デビットカードでクレヒスを作れるのか?

2014/07/09

スポンサードリンク

デビットカードと言えば、決済をすればすぐに自分の銀行口座と連動して引き落としがかかる便利なサービスです。

最近ではジャパンネット銀行がWRB上でカードレスのデビットVISAカードを発行してたりして、情報漏洩や不正利用が気になってしまう海外サイトなどでの利用で活躍してくれます。

国内でデビットカードと言えば、スルガVISAデビットカード、りそなVISAデビットカード、楽天銀行VISAデビットカードが有名で、先日からジャパンネット銀行からも「JNB VISAデビットカード」が登場しました。

私も楽天銀行VISAデビットカードとJBN VISAデビットカードを利用場面に応じて利用させてもらってます。

【JNB VISAデビットカード】

WS000003

【楽天銀行VISAデビットカード】

WS000005

さて、ここからが本題なのですが、クレジットカードというものをよく知らない方には「VISA」のロゴがあるので上記のようなVISAデビットカードもクレジットカードのように見えてしまいます。

この事から過去に金融事故を起こした方やこれまで一切クレジットヒストリーのない方がデビットカードを見ると必ず考えることがあります。

それは「デビットカードでクレジットヒストリー(クレヒス)はつかないのだろうか?」という疑問です。

以前と比べ、数は減りましたがデビットカードとは言えども、月額利用料金の引き落としに対応してるものもあるので口座振替がデビットカードできちんと出来た場合、クレジットカードのようにクレジットヒストリーが付いてくるのではと考えるわけです。

しかし、よく考えてみて下さい、これらのデビットカードの申込の時に「個人信用情報機関を参照し登録します」とどこかに書いてあったでしょうか?

クレジットカードの申込には必ず「個人信用情報機関」の文言が出てきますが、デビットカードの申込にはどこにも「個人信用情報機関」の名前が出てきません。

デビットカードというのは申込の審査の時に個人信用情報機関を参照しませんし、その後も一切参照しません。

ですから現在金融事故情報バリバリのブラックな方でも個人信用情報機関を参照しませんので、ほぼ無審査で発行されるVISAカード、それがVISAデビットカードなんです。

要するにVISAデビットカードは金融事故情報、いわゆる一般的に「ブラックリスト」と呼ばれるものが載っている「個人信用情報機関」に加盟して運用していませんので、VISAデビットカードをいくら使っても全くクレジットヒストリーが形成されません。

ちなみに未だに「ブラックでも持てるVISAカード」として高額な情報料を取る業者がいますので皆さん注意して下さい。