ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ブラックが「紹介屋」を利用している

2016/08/01

スポンサードリンク

世の中の悪徳金融業者、その情熱を他へ注げばきっと他で成功するだろうというくらい日々、手を変え品を変え、庶民からお金を搾取しようと考えてるのですが、その手法の中に昔から変わらないものもあります、それが「紹介屋」という存在です。

昔から「紹介屋」は存在するのですが、紹介屋って何?と思う方もいると思うので、説明をしてきます。

まずは紹介屋のの発見場所は広告です、昔は電話BOX等にベタベタと広告が貼られてましたが、今はスポーツ紙などに載ってたりします。

では、一体何を紹介するのかというと、クレジットカードのショッピング枠も使い切った、キャッシング枠も使い切った、大手の消費者金融からも借りてて、もう借りれなくなった、そんな場合でも、お金を貸してくれる所を紹介するんです。

しかし紹介と言っても最初から「紹介します」とは書いてません。あくまで広告には「10分で審査、他社借入れあっても大丈夫!」とか「簡単審査、今日中に振込みます!」とか、そういった甘い文言でお金に困ってる人たちをまず釣ります。そして連絡をしてきた人に「それでは審査をしますので、あなたのお名前、電話番号、職業、年収、どこからどれだけ借りてる借りてるか教えてください」と質問をして聞き出します。

スポンサードリンク


ここで大事なのは、審査をしているのか、していないのですかですが、結論から先に言うと、いわゆる正規の金融業者がやるような審査なんてしてません。

このサイトによく出てくる個人信用情報機関にも問い合わせをもちろんしません。

そもそもお金を貸す気なんてないからです。

お金を貸す気がない、とはどういう事でしょう?不思議ですよね、話は最初に戻りますが紹介屋は電話のやりとりの最初にどこからいくら借りてるか聞き出すので電話をかけてきた人が大手からお金を借りれなくなってる事はすぐに分かります。
特に今は「総量規制」があるからなおさらです、年収の1/3しか借りれないので、年収の1/3をすれば小学生でもその人が正規に借りれる枠を把握できるのでなおさらです。

そこで、紹介屋は何をするのかというと、「総量規制」の枠を超えてでも貸してくれる金融業者を紹介します

ちなみに電話をかけてきた相手が「総量規制」内であることがわかれば、普通に大手の消費者金融の名前を出して紹介します

しかし、総量規制の枠を超えて貸すっておかしいと思うでしょうが、実際に総量規制の枠を超えて融資をする金融業者も存在します。

なぜ総量規制の枠を超えて融資をするのかというと大手の消費者金融の場合、給料明細とか源泉徴収書とか年収証明書とかを提出して正確に年収を把握してお金を貸し出します、大手の消費者金融の場合、絶対に年収の1/3を超えて融資はしません。

しかし、総量規制の枠を超えて貸す業者は一応、そういうもの(給料明細とか源泉徴収書とか年収証明書)をきちんと仕事自体をしているかの確認のために見ますが、申込の段階で申込者に年収を多く契約書に書かせて契約させたりします。例えば年収300万なのに、年収500万とか書かせるんですね。そうすれば、本人の自己申告で年収500万という設定ができ、「総量規制」の枠が理論的に広がり、その出来た枠に対して融資するということです。

何故そういう業者が存在するのかというと、きちんと総量規制の枠を守って融資していたら、大手の消費者金融以外にお客はそもそもいかないからです。

誰だって怪しげなビルに入ってる金融業者より、TVでCMしてるような金融業者で借りますよね?借りるなら。

多重債務者の層には、言い方は失礼ですが、いわゆるマイナーな2流、3流のグレーな消費者金融にはニーズがあります。

もちろんそういう多重債務者にお金を貸し出すのは2流、3流の消費者金融にもリスクはありますが、そうでもしないとお客がこないので倒産してしまうから必死なんです。

スポンサードリンク


ちなみに「年収300万なのに、年収500万とか書かせる」のは正確には違法です。

この手口に対する業者側の言い逃れはいくらでもあるのですが、今回はそれは横に置いておいて、そういう闇金と正規の金融業者の間の業者もいることを頭に入れておくだけにしておきます。

そういった闇金でもないけど、正規の業者ともいえない灰色消費者金融が全国各地にあり、紹介屋はそういうった情報を独自のネットワークで収集してます。

それを元に電話をかけてきた相手に紹介するのですが、紹介する際に「審査の結果私共ではお貸しできませんが、ご融資できる所がありますのでご紹します」とまず言い出します。

次に「実はそのご紹介先の上層部に私共の内通者がいて、特別にあなたの審査を通すように言っておきますので大丈夫ですので、申込に行って下さい、しかしご融資紹介の手数料として、実際にご融資された金額の20%を(30%の場合も)ご指定の口座に振込していただけますでしょうか?」と言われます。

しかし実際にその灰色消費者金融に内通者がいるわけではありません、ただ、その消費者金融がグレーな甘い貸し出しをしていると知ってるだけです。

実際に貸し出しができれば「言った通りだったでしょ?いくら借りれましたか?そうですかでは◯◯万円今からいう口座に振り込んで下さい」と言われ、貸し出しが出来なかった場合は「おかしいですね、内通してる上司には連絡したんですが、連絡ミスでしょう、では次を紹介しますのでそこに行って下さい、そこにも内通者がいるので大丈夫です」と言って紹介屋が知ってる次のグレーな消費者金融に足を運ばせます。

それでも、そういうグレーな消費金融でも断れてしまう人は必ずいます。

そういう方には次に個人で貸金業登録をしている「街金」やこのサイトで何度も警告してる「闇金」を紹介してきます。

以前は大手の消費者金融を紹介してダメ、マイナーな消費者金融を紹介してもダメ、最後にグレーな消費者金融を紹介してもダメな場合、紹介屋もだんだんとキレてしまうのか「おまえなんかどこからも借りれないよ!」と言って怒って電話を切られたものですが、今は最後の最後には「街金」や「闇金」を紹介してきます。

しかし怖いことに、その「街金」や「闇金」自体が「紹介屋」が経営してる所だったりするんですね。要するに最後の最後に紹介した所は自分のところであり、紹介屋で出た人間と違う人間が対応すれば、そういう仕組になってる事を、金策に必死になって周りが見えなってる方は気づかないのです。

この手口だと正規の消費者金融よりも高い利率でお金を貸し出して暴利を得られる事にプラスして、「紹介料」まで要求するのですから、紹介屋からしたら、まさに「濡れ手に粟」の状態です。

「闇金」に手を出してしまったら最後、悪質なケースではいくら返しても「返済がまだまだある返せ」と言われます、「元本+利息」を全部返したとしても「実はまだ残りがあった返せ」とエスカレートしていきます。

※何度も言いますが闇金はお金の貸し出し自体が違法行為なんで元本すら返す必要はありません、しかし素人の方一人では経験上、交渉は不可能です。

そこで困ってまた「紹介屋」を利用してたらまた「闇金」を紹介され、負のスパイラルに陥ります、そうなる前に法律事務所に相談して下さい。

私は司法書士をしてますが、基本的に弁護士事務所をお勧めします。理由は後日言いますが、司法書士なのに身内の司法書士を否定してると怒られそうですが、司法書士でも対応出来るケースと対応出来ないケースがありますので最初から弁護士事務所に相談した方が結果としてよい場合が多いんです

しかし先日述べたように「闇金」対応をしてくれない弁護士事務所も実際にありますので、いきなり事務所訪問ではなく、電話相談をして対応してくれるか確認してから訪問しましょう。