ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ブラック・喪明けにファミマTカード・審査・取得

2014/07/09

スポンサードリンク

2012年末にファミマTカードはポケットカードに統合されました。

これにより、審査基準がどうやらポケットカード基準に変化したようで、ポケットカードの審査基準を満たしている方には2012年末に自動増枠されたり、また逆にポケットカードの審査基準に満たない方には既にファミマTカードを持っている方でも「召し上げ」いわゆる利用停止になってる方もいるようです。

利用停止になった方の多くはショッピング枠をフルにリボで使い果たしている、いわゆる「リボ天」状態で増枠申請をしてしまった方などが、金策に困っていると見られたのでしょうか、高い確率で召し上げ(利用停止)にされています。

ファミマTカードに限らずステータスのないクレジットカードと言うのはこのような事が起こりがちなので困ったものです。

こういうファミマTカードの審査基準が既存のホルダーにも適用されている事から、当然新規申込の審査も厳しくなってきており、以前は自己破産の免責や債務整理の完了から5年経過した喪明け時に携帯割賦でクレヒスつけてからファミマTカードを申込すればなんとか審査取得できたものでしたが、これだけでは審査に落ちる方も増えてきているようです。

これにより、喪明け時にクレヒスを育てる目的で取得を目指すカードは現在ではファミマTカードではなく、マジカルクラブカード(ハウス)かコスモザカード(ハウス)か楽天カードとなっています。

当然これらのカードで過去に迷惑をかけた事があるのであれば社内ブラックで永久に申込は受付けてない事は頭に入れておかないといけません。