ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

企業は学生の採用試験の時、両親の信用調査をするのか?

2016/08/01

スポンサードリンク

クレジットカードやキャッシングの審査の際には個人信用情報機関に載っているあなたの信用情報を必ず調査された上で審査の合否が決まります。

個人信用情報機関の情報を見るとあなたが今何枚のクレジットカードを持っているのか、またどれだけお金を借りているか、またどれだけリボ払いの残金があるのかと言ったようなクレジットに関するすべての状況が分かります。

クレジットカード会社やローン会社、消費者金融が審査の時に個人信用情報機関を調査したり情報を載せたりするのは何も嫌がらせではなく、個人の借りすぎを防止する為に法律でそうしなさいと決められているからに他なりません。

自分がクレジットカードやキャッシングを利用しようとして個人信用情報を参照される、その辺りの事情はお分かり頂けると思いますが実は毎年就活の時期になると学生さんから寄せられるある質問が寄せられます。

それは「学生の採用試験の時、企業は両親の個人信用機関の情報などの信用調査をするのか? 」と言う質問です。

銀行等の金融機関に就職したいと思うが実は両親が過去に自己破産をしており、それが就職に影響しないのか心配と言う感じです。

スポンサードリンク


私も過去に銀行系のクレジットカード会社のコールセンターに勤務していた頃、同じ疑問を持ったことがありました。

そこには銀行本体から出向してきている社員さんも沢山在籍しており、かつ人事部からの出向の社員もいらっしゃいましたので率直に(※コールセンターの管理者になった段階で実は答えを知っていましたが)「銀行は学生さんの就職の時にご両親の個人信用情報も調査しているんですか?」と聞いたことがあります。

また現在も司法書士の仕事を通じて銀行やその他金融機関の方とお付き合いもありますので同じ質問をしたりするのですが、答えは聞くまでもなく「いくら就職の選考とはいえども勝手にご両親の個人信用情報なんて見れない」と言うことです。

銀行や企業が本人の同意なしに個人信用情報を見れる仕組みなんてありませんし、そもそも企業が勝手に個人信用情報機関の情報を調査するのは違法です。

ただ、銀行や一般の企業でも大きなお金を扱う所では採用選考の際に個人信用機関の情報の提出を求められる場合が少なからず実際にありますが、この場合は本人の同意に基いて提出しているので違法にはなりません。

ただご両親の個人信用情報の提出までは企業側のコンプライアンスに問題がありますのでそんな事まではしません。

しかし実は一部の銀行においては自己破産をした時に必ず掲載される「官報」の情報や蓄積されている社内情報を元にあなたのご両親の金融事故を調べている所もあります。

また、個人信用情報機関の情報ではなく学生の採用試験の時、企業が本人や両親の信用調査を専門の探偵業者(実際に存在します)を使って素行調査(どんな環境なのか人柄なのか)をしたりする場合もありますが、その話と採用の際に企業が勝手に個人信用情報を見て調査できるのかというのは別の問題です。

一番大事なのはあなた自身の個人信用情報ですので、学生さんだからと言って携帯電話の分割払いを延滞している等、日頃からいい加減な行動をしていると就職活動の時期になって個人信用情報の提出を求められた時に必ず後悔することになります。

なにせ今はクレジットカードにしろローンにしろ完済しても5年間はその情報が個人信用情報機関にその情報が載りますから。

就職の時にご両親がどうのと心配をする前にまずは自分が学生と言うことを免罪符にクレジットカードやローンの支払いを遅らせないことが何よりも大事です。