ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

全銀協を見ないクレジットカードなら5年でOK

2014/07/09

スポンサードリンク

ブラックでもクレジットカードを持つ上で基本的なことですが、自己破産をしても破産免責決定日から全銀協にあるブラックリスト以外は5年で消えます。

また、どんなに努力しても全銀協から自己破産等の情報が10年以内で消えることはありません。

このことから、簡単に言えば全銀協を見ないカードなら5年でOK、全銀協を見るクレカは10年でOKとなる。

また、当り前の話ですが、自己破産等の債務整理した、いわゆる「迷惑をかけた」クレジットカード会社は「社内ブラック」状態になり、永遠に審査は通らないと思っていた方がいい、それを避けて申込することです。

また、銀行系クレジットカードでも三井住友VISAカードは全銀協を審査の時に照会しません、だから全銀ブラックでもCICとJICCが白ならOK。

もちろん銀行直系でないクレカ会社は、ほとんどが全銀協は見ないからCRINに出なければ問題なし。

CRINに出るのは現在進行形で延滞、滞納がある金融事故のみで自己破産の免責が決定してる金融事故は出てきません。

現在はクレジットカードの審査の時に全銀協を開示しない会社がほとんど、ちなみに、アメックスは全銀協のデータを今でもチェックします。

アメックスは全銀協を開示して照会はしますが、CICとJICCが白であれば、現在の属性重視で発行もする独特なクレジットカード会社、三井住友カードと三菱UFJニコスとJCBは全銀協に以前加盟していましたが、現在は全銀協を参照しないクレジットカード会社となりました。

現在もJCBは全銀協を開示すると載ってるサイトもありますが、2012年現在、間違いなく照会してません。

JCBの一部のFCカードで全銀協を続けていますが、基本的にJCBも全銀協は照会しないと考えてOK。

ということで再度、
「全銀協を見ないカードなら5年でOK、全銀協を見るクレカは10年でOKとなる」

どのクレジットカード会社がどの個人信用情報機関を参照するかは
個人信用情報機関加盟店一覧まとめ」を参照して下さい。

※CICの来社開示の方法が変わりました、詳しくは
CICの新システムC-touchで実際に信用情報を来社開示してみた
を参照して下さい