ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

利用停止されてもカードは自動で解約とは限らない

2016/08/01

スポンサードリンク

よくある皆さんの認識間違いと言いますか、金融業者の方も説明足らずで悪いのですが、延滞を繰り返してたりすると当然クレジットカード等は利用停止になりますよね?また途上与信で突然クレジットカードは利用停止になったりもします。

そのような事でカードが利用停止になった時にカードの契約も「解約」になってると思い込んでる方が多いのですが、金融業者からすれば、利用停止が解約とは限らない金融業者もあり、半ば嫌がらせで解約をしない事もあります。

「解約をしないで嫌がらせ」って何の事でしょうか?
完済状態で解約をすれば、その事故履歴は5年で消えるわけですが、解約をしてないと利用停止の状態の履歴のまま延々と個人信用情報に載り続けます。

利用停止で解約をしてこない金融業者というのは、「個人信用情報にネガティブ情報を載せ続ける」これを狙ってるわけです。

スポンサードリンク


これに気づかないと、5年経過しようが10年経過しようが、ネガティブ情報が個人信用情報から消えませんので、どんな金融商品を申し込んでも、審査の時にそれが見えてしまうので、審査に落ちてしまうんですね、本人が信用情報を開示をしないと分かりません。また個人信用情報機関の事を知らない方はまだまだ多いので何故審査に落ちるのか理由が分からないまま、延々とどこにも審査が通らないのです。

個人信用情報の事をよく知らない個人の裏をかいて利用停止でカードの解約と思わせていおいて、契約は残し、ネガティブ情報を載せ続けるわけです。

自己破産後の「成約残し」と似た構図ですが、こちらは成約残しと違い違法ではありません。
カード会社から言えば、利用停止イコール解約なんてどこにも書いてませんよと言われたりもします。

また年会費無料のカードを利用停止されると年会費がそもそもかからないので、契約が続いてる事に全く気づかない事が多いんですね。

過去にワケあって利用停止になった事がある方、そのカードはキチンと完済してるならば、解約になってるか調べないと駄目ですね。利用停止が解約になるとは限りません、「契約期間中および取引終了後5年間」は個人信用情報に載るので気をつけましょう。