ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

私が闇金を怖がらない理由

2016/08/01

スポンサードリンク

私は現在司法書士として働いていて、基本的に事務仕事ばかりです。
そんな中でも週に数回程度でしょうか、いわゆる「闇金」の対応を頼まれます。

直接本人がご訪問される場合と紹介の場合と2通りですが、とにかく毎週のようにご相談にこられます。

「闇金」の対応は事務労働ではなく肉体労働の部類に入りますね、ハードです。

基本的に依頼者の方の横で闇金に今後は一切払わない旨の電話をかけますので私の対応が依頼者さまにも当然聞こえるわけですが、ほぼ全員の依頼者さまに「怒鳴り散らしているこんな闇金怖くないんですか?」「なぜこんなに言われても怖くないんですか?」と聞かれます。

確かに同じ司法書士の方でも弁護士の先生でも「闇金」の対応を苦手としてる方が実際います。

苦手なので依頼者さまが困って訪問しても「闇金はちょっと・・」と言う先生が多いのも事実、闇金対応をやんわりとお断りする先生が理由は、いやらしい話ですが「闇金の対応は苦労が多いわりに報酬が少ない」これに尽きるんでしょう。

なんだかんだで闇金対応を得意としてる私の所に「お願い!」という形で他の先生方から回ってきたりします。

スポンサードリンク


どうやら司法試験に合格する神のような頭脳と闇金の電話対応をする技術は必ずしも一致はしないようです。

なぜ私がそもそも闇金対応を怖くない、面倒くさくないと思うのかというと「クレジットカードのコールセンターに長年勤務していたから」これに尽きます。

しかも督促部門メインです。

クレジットカードの督促部門というのはどのこクレジットカード会社でもそうですが、いわゆる花形部門、審査部門が花形部門と思ってる方も多いのですが、花形は督促部門です。

この督促部門に長く務めることでクレジットカードの申込から審査まですべて理解できるようになります。

この色々なクレジットカードや消費者金融のコールセンターの督促部門で勤務してきた事が本当に今の司法書士の仕事に生きています。

じゃ何故クレジットカードのコールセンターの督促に勤務していると闇金対応が怖くないのかというと「延滞してるお客さまに電話して怒鳴られる方がよっぽど怖いから」です。

初めてそのやり取りを聞いた方は腰をぬかすと思います、それくらい酷いもんです。

その辺の暴力団より料金を滞納してる一般のカタギの方がよっぽど怖いんです、しかもハードなクレマーのオンパレード。

一番最初にクレジットカードのコールセンターで督促の電話をした時は本当に驚きました、人生で一番驚いたというか「ショック」と言う言葉しかありません。

支払いを滞納してるのはお客さまですが、とにかく怒鳴れます。

延々と怒鳴ります。

しかも督促の電話をかけるノルマなるものもあり、朝8時~17時勤務だと約300件はかけないと駄目なんです。

目標の件数をこなさないとコールセンターにいる教育係や責任者からこっぴどく怒られます。

お客さまからも怒られ電話が終われば上司からも怒られお客さまからは「座って電話をかけてるだけだから楽でしょ」と言われたりするのですが、普通の人間なら一日に何十回と大声で電話越しとはいえ、お客さまに怒鳴られた上に上司からも怒られると精神的におかしくなるものです。

しかも中には相当ハードなクレーマーも存在します。

しかし督促の電話をするのがお仕事、自分で選んだ仕事ですから仕方なくかけます。

そういう仕方なくしてるハードな仕事なので当然続く人がいません。

スポンサードリンク


皆さんが思う以上にクレジットカードや消費者金融のコールセンターで働くというのは過酷を極めます。

何か話を盛ってるわけでもなく、ブログとは言え暴力的な言葉過ぎるので書けませんのでむしろ言い方をやわらかくしてます。

コールセンターの仕事は年中あちこちで募集があり、時間も正確に勤務できてお気楽と思われる方もいますが実際はトンデモなくハードでブラックな職場です。

徐々にこのサイトでもコールセンターでの出来事は話していきますが募集を50人かけて研修をしたとします、そうすると約2週間の研修の間に最低5人は消えるんですね。

消えるタイミングは先輩の横でモニタリング(お客さまとの会話を聞くこと)をして始めた時です。

取る電話取る電話料金を滞納したお客さまからの逆ギレの電話でただ聞いてるだけでも精神が病んでくるんでしょう。

新人さんは「やっぱり無理です」とか「こんな怖い所とは思いませんでした」とか理由は様々ですが辞めていきます。

そして研修を生き残った40人くらいの方は半年も経たないうちに半分になり、さらに一年後にはその半分の10人いればいいほうです。

そしてまた欠員が出るので募集をかけて定員を補充と言ったような人材の使い捨てがクレジットカードのコールセンターでは起きています。

普通の会社で40人雇用して半年後には半分もいない職場なんてそうそうありません、そのことからもクレジットカードのコールセンターの過酷さが分かると思います。

このクレジットカードのコールセンターで働いた事を書けばまた別のサイトを作らないといけないくらい言いたいことや経験した事があるのですが、あえて話を分けずにこのサイトでも少しづづ、体験談を書いていきます。

この戦場のようなクレジットカードセンターでのお客さまとのバトルで鍛え上げられた為、闇金が何を言ってきても、まだまだかわいい方です。

クレジットカードのお客さまと違い相手を怒らせないように言葉を選ぶ必要もないし謝る必要もありません、しかも相手は違法行為をやってるわけです。

ですから闇金の対応も面倒と思いませんし脅されてもなにも感じません、むしろ今度はどんな感じで脅迫してくるのだろうとワクワクしてしまいます。

どう考えたって違法行為をしてる相手には勝ってしまうわけですから、よっぽど一般の素人(お客さま)の方が怖いわけです。

ですから、みなさんもうっかり延滞をして督促の電話がかかってきたら、最低でも怒鳴りあげたりしないようにして下さいね。

怒鳴っても何も変わりませんし最悪利用停止、強制解約になり、あなたの信用情報を傷つけるだけです。