ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

auがiPhoneの分割審査を正しく説明しているか実際に契約してみたら驚きの結果が

2016/08/01

スポンサードリンク

このサイトではスマートフォン等の携帯端末の分割払いは通常のローンと同じであり、その分割払いを含んだ毎月の通話料金を延滞すると個人信用情報機関にその事実が掲載される、いわゆるブラックリストに載ると警鐘を鳴らしてきました。

実際問題、政府広報でも携帯端末の分割払いで金融ブラックが急増してると注意喚起がでています。

本日は各携帯キャリアが分割審査の時に「これはローンであり、支払いを怠ると個人信用情報機関に登録されて、あなたの信用情報を傷つける可能性があります」ときちんとお客さまに伝えているか実際に契約をして確認してきました。


auのiPhone5

今回の調査は以下のドコモ、ソフトバンクに続きauとなり、シリーズ第三弾になります。

ドコモがiPhone分割審査で個人信用情報について正しくに説明しているか確かめに行ってみた

ソフトバンクが個人信用情報を正しく説明しているかiPhoneの分割審査をしてみた

今回も公平に検証する為に全国に数箇所しかない「直営店」にてiPhoneの契約を行っています。

スポンサードリンク

auでのiPhone分割購入までの流れ

auではまずiPhoneを購入したいこと、また分割で支払うことを窓口の方に伝えると、用紙に名前と住所と電話番号と書くことを求められます。

そして「運転免許証」と本人認証の為の「銀行のキャッシュカードかクレジットカード」の提出を求めますので、私は運転免許証とクレジットカードを提出しました。

そしてここからiPhoneの契約に関してau独自のサービス内容をiPadを使って色々と詳しく説明を受け自分がどのプランにするか何回払いにするのかを選択していきます。(auでは12回払い、24回払い、36回払いが選択できます)

ここまでドコモやソフトバンクと違い、紙ベースの書類は一切渡されません。

そして契約内容が大方決まると「それでは今から審査に入りますのでここにサインをお願いします」と言われいくつかサインをするのですが、その中でもっとも重要な用紙が以下の用紙。

au個別信用購入あっせん契約申込書

この用紙、個別信用購入あっせん契約申込書(要するに分割契約の申込書)なんですが、一番下の赤く囲っている所に、

「au通信サービスご利用にあたって(兼 個別信用あっせん契約にあたって)」を受領し、「携帯電話等購入代金分割払い(個別信用購入あっせん契約)について」「個人情報の利用目的について」「個別信用購入あっせん契約約款」の内容を承諾したうえで申込みます。

【個人のお客様】<個別購入のあっせん等クレジット取引に関する個人情報の取扱規約>に基づき、私の個人情報について信用情報機関への照会・登録等が行われる事に同意します。

と書いてあります。

しかし、この段階で「au通信サービスご利用にあたって」なるものを受領をしていないし、見てもいません。

ですので上記に書いているような

  • 携帯電話等購入代金分割払い(個別信用購入あっせん契約)について
  • 個人情報の利用目的について
  • 個別信用購入あっせん契約約款

を一切見てないのですが、サインを求められてしまいました。

でもこの契約書にサインをすると「見たこと」になるわけですが、これってすごく問題なんです。

だって見てもいない「au通信サービスご利用にあたって」を承諾した事になった上に自分の個人信用情報を参照されるわけですから法律的に大問題。

しかもこの話auの直営店でのお話です、見せてもいない物にさらっとサインをさせるって・・・・・ちょっとauさん大丈夫ですか?

auのコンプライアンスはどうなっちゃってるんでしょうか?

私は「au通信サービスご利用にあたって」を渡されない状態でサインを求められる事がそもそも問題だと分かっていましたが、ここはあえて黙ってそのままサインをしました。

スポンサードリンク


ちなみにこの日、私の兄とその友人も同じauの直営店でiPhoneの新規契約で分割払いを利用したわけですが、この場合も「au通信サービスご利用にあたって」を渡されてもいないし、見てもいません。

これは私達だけと言うより、少なくとも私の行ったauの直営店ではこの日のこの時間、「au通信サービスご利用にあたって」なるものを何故か分割購入のお客さまに見せてもいないし説明もしていないようです。

こういう話をすると、この日はたまたま見せなかったとか、この担当者だけがたまたま見せなかったとか言い訳されそうですが「たまたま」で済まされる事ではありません。

これは分割契約の時にはお客さまには絶対、100%確実に見せておかないといけないもの。

見せてもないものに同意を求めて「ここにサインをして」と言うのは携帯の分割審査に限らず決してあってはならないことです。

このくらいいいだろうと思う方もいるかもしれませんが、契約というのは「このくらい」というのがあっては絶対にダメなんです、特に金銭が絡むような事は。

また当然ですが、auが契約の時に「これはローンであり、支払いを怠ると個人信用情報機関に登録されて、あなたの信用情報を傷つける可能性があります」との注意喚起も一切ありませんでした。

auではこれらの大事な説明の代わりにやたらスマートパス等のオプションをお勧めしてきます、いらないと何度言ってもガンガンお勧めされます。

直営店でこれだから代理店ではもっとオプションの勧誘が酷いんでしょう。

政府広報でわざわざ「携帯の分割払い」を国民に注意喚起している中で携帯キャリア自身が分割契約の際に「これはローンであり、支払いを怠ると個人信用情報機関に登録されて、あなたの信用情報を傷つける可能性があります」を説明しないわ、分割審査の時に個別信用購入あっせん契約約款は見せないわじゃ、そりゃ携帯料金を延滞してブラックになる人が増えるわけです。

※当然携帯料金を支払うという当たり前の事をしない当人が一番悪いと言うことは分かってますが。

 

ちなみに契約の時にauが私に見せるべきだった書類は以下の書類でホームページで見ることが出来ます。

 

【au通信サービスご利用にあたって】

au通信サービスご利用にあたって(1)

 

au通信サービスご利用にあたって(2)

特に大事なのは赤枠で囲った所です、この内容を携帯キャリアが契約の時にお客さまに説明をほとんどしていないので、携帯料金を延滞をして金融ブラックになる方が毎年5万人を超えて、以下の図のように今さらに加速しています。

携帯電話のクレジット契約件数(累積)と滞納率の推移

 

というように以外に契約に関して説明が雑なauでしたが、分割払いの契約で無事新型iPhoneを手にしました。

auのiPhone5S

実際に契約するまでは携帯分割審査の際に「これはローンであり、支払いを怠ると個人信用情報機関に登録されて、あなたの信用情報を傷つける可能性があります」の説明が一番されてないのはソフトバンクかなと思っていましたが、実際はダントツでauでした。

逆に一番ソフトバンクが携帯の分割払いについて注意してたと思います。

みなさんもiPhone等のスマートフォンの分割払いの契約をする際には十分手渡される書類や見せられる画面を見て、きちんと「個別信用購入あっせん契約約款」を見せられたか、または説明を受けたか意識して見て下さい。