ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

知っておきたい任意整理や個人再生のブラック情報が消える期間

2016/08/01

スポンサードリンク

当サイトでは、債務整理後にクレジットカードを取得できる期間として以下のような目安を挙げてきました。

・自己破産⇒破産免責から5年
・任意整理⇒完済から5年
・個人再生⇒完済から5年

これは債権者である金融業者が「成約残し」さえしてなければ、個人信用機関であるCICとJICCからは上記の期間を経過すれば「異動情報」いわゆるブラック情報が消えてなくなり全銀協を見ないクレジットカード会社であれば過去の債務整理の事実が分からなくなるからです。

【関連記事】
全銀協を見ないクレジットカードなら5年でOK
なぜブラックは審査に落ちるのか?

この事について、たまに任意整理や個人再生をした方から異動情報、いわゆるブラック情報がCICやJICCから消えるのは「完済から5年」ではなく業者と和解して任意整理を始めた時から5年、個人再生が裁判所に認められてから5年の間違いでしょうとご指摘があります。

この事は債務整理から立ち直り、クレジットライフを送るのに非常に大事な事なので任意整理や個人再生をしてきた方はよくご覧になって下さい。

任意整理や個人再生を方が異動情報、いわゆるブラック情報がCICやJICCから消える期間は答えから正確に言いますと、完済から5年ではなく、業者と和解して任意整理を始めた時から5年、個人再生が裁判所に認められてから5年になります。

スポンサードリンク


ただし条件があります、任意整理や個人再生を行ってる間にまた再び延滞や滞納がない場合に限ります。

これは自己破産が裁判所から免責を受けた時点ですべての債務が完了となってしまうのに対し、任意整理や個人再生はまだ債務が残ってるわけですので、途中で支払止まってしまうと新たな異動情報が発生してしまい、いつまで経っても異動情報が完了しません。

きちんと任意整理や個人再生で支払ってる方は何ら問題ないのですが、少なからず任意整理や個人再生の支払途中で再び滞納や延滞をしてしまう方がおられます、非常に残念な事ですが結構こういうケースを目にします。

ですから、任意整理や個人再生をした方が異動情報(ブラック情報)がCICやJICCから消えるのは「完済から5年」と言ってるわけですね、それだけ任意整理や個人再生の途中で支払をしなくなる方が多いわけです。

基本的に任意整理や個人再生の支払開始から完了まですべて期日通りに支払をされた方は開始時から5年でCICとJICCの異動情報(ブラックリスト)が消えます。

くどいですがこれは、債務整理の支払途中に滞納がない場合に限ります、少しややこしいですが、任意整理や個人再生をされた方は覚えておきたいポイントです。

また任意整理や個人再生をされてる方や終えられた方はCICやJICCの信用情報を開示して「異動」情報がどのように掲載されているか確認をした方がいいでしょう。

CICで言えば確認するポイントは異動の終了状況がきちんと入力されているか?右上のデータの保有期限が記載されているかを確認して下さい、終了状況に「完了」等、なんらかの異動に対する終了事案が入力されてないと、異動は5年経過しても消えません。

このような違いがあるので債務整理はできる事なら自己破産が一番シンプルで、クレジットライフの再出発も見えやすいと言えます。

CIC 異動情報