ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ブラックでも結婚して名前が変わればクレジットカードが作れますか?

2016/08/01

スポンサードリンク

私がクレジットカードのコールセンターで勤務をしてる時に一時的にですが、審査部門に在籍させてもらった期間がありました、非常に貴重な経験です。

クレジットカード会社の中でも審査部門は非常に特殊な所でお客さまの様々な情報が集積されている場所でした。

実は皆さんがクレジットカードのコールセンターに電話をした時に電話に出るオペレーターが扱う端末で見れる内容と審査部門の人間が扱う端末の見れる内容では大きく異なります。

クレジットカードのコールセンターの受付オペレーターレベルでは「なぜクレジットカードの審査に落ちたのか」その理由も画面に理由が表示されてませんので、電話口で怒鳴られても分からなないものは分からないんです。

以前にもお話させて頂いたと思うのですが、クレジットカードのコールセンターというのは基本的に恐怖の督促発信をしないといけないので、人材の使い捨てが起きる戦場。

そんな環境なので、離職率も非常に高い為、人の入れ替わりが激しい状況ですから受付レベルのオペレーターに対してはお客さまの情報は制限しておかないと情報漏洩絵や言わなくてもよい余計な情報をお客さまに言ってしまうのがオチなので受付画面はかなり制限されています。

スポンサードリンク


一方、審査部門の人間になると受付部門の人間と違い、お客さまの情報をかなり深く見れるようになります。

そんなクレジットカードの審査部門で勤務させて頂いた時に感じた事は、自分が考えていた以上に金融ブラックな方があの手この手でなんとかしてクレジットカードを取得しようとしてる姿でした。

中にはクレジットカードの申込書の中に直筆の手紙を同封して「どうしてもクレジットカードが欲しいのでなんとかお願いします」と懇願するようなケースも珍しくありません。

そのような事をされても審査には全くプラスに働かないどころか手紙の内容によっては「今後問題行動を起こすであろうお客さま」に認定されて即審査落ちの可能性が高くなりますので、気持ちは分かるのですが、クレジットカードの審査とは普通に考えてしないことはしない方がいいです。

そういう純粋な方はまだいいのですが、世の中には現在進行形の金融ブラックだけどなんとかクレジットカード会社を騙してクレジットカードを取得しようとする輩と戦わなくてはいけません。

一番多いのが「名前の読み方を変えてみる」方ですが、名前の読み方を変えたくらいでクレジットカードの審査に通ると思ったら大間違いです、あまり詳しくは書けませんが名前の読み方を変えて申込をしても100%バレて審査に落ちます。

ただ、クレジットカード会社としても判断が難しいケースとして女性が結婚して姓が変わった場合、旧姓の情報がないと非常に判断に困るものです。

運転免許証など、姓が変わっても番号が変わることのない身分証明証の提出があればクレジットカード会社も旧姓での情報が丸わかりなのですが、そういう情報がない場合クレジットカード会社は判断に困ります。

なにせ名前と生年月日だけで旧姓との情報を付け合わすのは困難です。

(ここで詳しくは書けませんが)最終的にはクレジットカード会社独自の情報技術で旧姓で何か悪さをしていないか?を調べていくわけですが私の見てた限り結婚して姓が変わってしまい、旧姓の情報が分からない場合、旦那さまの現在の属性重視でクレジットカードの審査をして発行していました。

これが逆に男性の場合、婿養子になるために姓が変わった、養子縁組で姓が変わった場合なとは、旧姓の情報が分かるもの(運転免許証)などの提出がない場合、高確率でクレジットカードの審査に落ちます。

理由は反社会的勢力の方々がよく養子縁組などを行い、姓を頻繁に変えるケースがあるからで、女性と違い男性の姓変更は証明できるものがないと個人信用情報が真っ白に見える為にクレジットカードの審査には基本的に落ちるものと思っていた方がよいでしょう。

また、これは督促部門の人間が行うことなのですが、結婚して姓が変わった方がクレジットカードの審査を通過した場合でも、支払いの延滞をした場合は再度念入りに再調査をされる場合があります。

(方法は言えませんが)この調査を舐めたらいけません、この時に「このお客さまは恐らくこの旧姓◯◯という方で過去に金融事故を起こしてる」と判明してしまう事があります。

結婚前に金融事故を起こしていることを旦那様に言ってなかった場合、このような事がキッカケで過去の金融事故が旦那さまに判明してしまう事がありますので、過去を偽ってクレジットカードを取得しようとするのはやめておきましょう。