ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

CICの入金状況$マークだけがクレヒスだと思う誤解

2016/08/01

スポンサードリンク

ネット上にはこんな都市伝説なるものが存在します。

それは『ステータスのあるカードを取得したくてクレヒスを育てようとしてもCICの入金状況に$マークを付けないクレジットカードを利用しててもクレヒスは育たないので意味がない』という都市伝説です。

答えから申しますとそれは誤解です。

このサイトでは過去に「CICに入金状況の「$」マークを付ける事がクレヒスを育てる上で重要」とお伝えしましたが、それは過去に一度もクレジットやローンを利用した事がない事で信用情報が真っ白な方、いわゆる「スーパーホワイト」な方へ向けての話なんです。

また過去に自己破産等の債務整理して5年経過した結果、CICとJICCの個人信用情報から金融事故情報が消えてしまって個人信用情報が真っ白にリセットされてしまった方は再度クレジットカードやローンの審査を通過させようとしても個人信用情報が不自然に真っ白な事が影響して審査が通りにくい。

そこでいま流行の携帯端末料金の分割をする事でドコモでもAUでもソフトバンクでも 支払いをきちんとすればCICを確認すると入金状況「$」とクレヒスがつきますので、まずは携帯分割で「$」マークをつけた方が効果的ですよ提案しました。(※ 携帯端末の分割でクレヒスをつけるを参照 ※)

こういった層の方へ向けて「CICに入金状況の「$」マークを付ける事がクレヒスを育てる上で重要」とお話してるだけです。

スポンサードリンク


要するにクレジットカード会社や消費者金融の中には信用情報が真っ白で$マークが全くない状態の方だとスコアリング的に機械審査で人間の目に触れることもなく落とされることがあるので、スーパーホワイト、ホワイトの方(元ブラックな方、喪明けの方)は、まずは携帯端末の分割払いで$マークを付けるのが大事だと言うことです。

くどいのですが信用情報が真っ白だと審査のシステムで自動に弾かれる場合が多々あるからです。

しかし、一度クレジットカードにどれか一枚でも通ってしまえばCICの入金状況$マークが必ずしも重要視はされません。

一体何を言っているのかと言えばクレジットカード会社のすべてがお客さまの正常入金に対して「$」マークを付けるとは限らないからです。

代表的な所ではアメックス、ダイナース、JCB本体カード(JCBプロパーカード)、トヨタファイナンス(エネオスカード等)はCICの入金状況に$マークを載せません。

ではこれらのカードを利用しててもクレヒスにならないかと言えばそんな事はありません。

それよりもクレジットカードを所有していて延滞のAマーク等のネガティブ情報がないことが非常に大事なのです。

入金状況に「$」マークを付けないクレジットカード会社でも延滞にはしっかりAマークを付けてきますので。

基本的な事から申しますと金融業者がCICを参照した時に現在契約している他社情報は見えません。

要するにお客様が所有してる他社のカードは一体どこのなんと言うカードなのか分かりません。

しかし、それは表向きな話で審査部門にいるプロの目から見ればCICに載せる限度額表示等の表示の仕方で「このお客さまは$マークが並んでいないが、この掲載のされ方はアメックスを持ってるな」とかダイナースを持ってるな等、すぐに分かります。

何度か過去に書きましたが、以前、私はクレジットカード会社のコールセンターに勤務し、審査部門も経験しましたのでそういう事が分かります。

皆さんが開示して実際に見るCICの開示情報用紙と金融業者が使っているCICの確認端末の仕様が少しではありますが違い、詳しくは書けないのですが、会社毎に登録情報に特徴があるので経験を詰んだ審査部門の人間からすればCICの端末画面を見ると、該当のお客さまが何を使ってるのかほぼ分かります。

ということで一度クレジットカードなりを取得すればCICの入金状況$マークをつけないクレジットカードを使っていてもクレヒスは育っているわけです。

審査部門のような金融のプロの目から見れば分かってしまいますので。

それより大事なのは携帯端末の分割払いでうっかり携帯料金の延滞をしてAマークを付けられたり(※ 携帯端末の分割払いに注意を参照 ※)10円だろうが100円だろうが口座引き落とし不可で延滞のAマークを付けられないことに毎月努力をしましょう。

※CICの来社開示の方法が変わりました、詳しくは
CICの新システムC-touchで実際に信用情報を来社開示してみた
を参照して下さい