ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

借金が時効になっているか調べる方法はありますか?

2016/08/01

スポンサードリンク

司法書士の仕事をしていると「自分は借金を長期を返済していないから時効が成立していますよね?」とよくご相談を受けたりします。

そんな中で「時効になっているか自分で調べる方法はあるんですよね?教えて下さい」とよく質問されます。

結論から簡単に言いますと、消費者金融やクレジットカードや信販会社、銀行と言った、いわゆる「貸金業者」からのお金の借入れは最後に返済をしてから5年が経過していれば時効になる可能性があります。

一つ目のポイントは「最後に返済をしてから5年が経過している」という点です。

ただ、貸金業者というのはその5年が経過をする前に裁判で訴訟を起こして「債権名義」と言うのを取りますので、債権名義を取られるとそこから時効はさらに10年延長されてしまいす。

2つ目のポイントは「債権名義を取られたらそこからさらに10年」という点です。

では、その債権名義を取られたか取られていないか確認すればいいじゃないかという話に聞こえてくるかもしれませんが、オンラインで検索が出来るわけもでなく、裁判所にて天文学的に膨大な判決資料を確認しないといけないので、物理的に不可能なのです。

スポンサードリンク


また借金をして逃げ続けた方にありがちな無断で引越しを繰り返していた場合には、裁判にて貸金業者が訴えがあったのかなかったのかも、当然裁判所からの公示送達や貸金業者からの督促等の郵便が届かないので確認をすることができません。

つまり「時効になっているか自分で調べる方法」はないんです。

また、時効とはご自身が借金について承認した場合には時効が中断することも忘れてはいけません。

このことから、自身の借金が時効になっているのかを確認するには、債権者である貸金業者へ確認をしないといけません。

また、借金の時効とは自然に成立するものではなく、こちらから時効援用の内容証明そ送付して行使しないと成立しないものであるのも気を付けたいポイントです

この時効援用をご自身でやる場合に時効中断の理由になりえる「承認」にあたる行為をうまく貸金業者に乗せられてやってしまう場合があります、そもそも貸金業者とはその道のプロですから、一般の素人の方が時効援用をしようとしてもあの手この手で時効援用にならないように仕掛けてくるものです。

ですから、時効になっているか自分で調べる方法があるのかないのか一人で悩むくらいなら、まず法律の専門家である司法書士か弁護士、しかも借金問題に強い司法書士や弁護士に相談して、まず時効になっている可能性があるのかないのかからご相談されることをお勧めします。

また、某巨大掲示板で自分の借金が時効になっているかアドバイスを求めているケースも散見されますが、掲示板で質問し、聞いた所で全く意味はありません、掲示板の答えはいい加減な答えばかりで法律の専門家が電話なり直接お会いして相談をして、あなたの過去の借金はどのようなものであっていつ頃の話なのか専門家にアドバイスをもわらないと意味がないんです。

ですから、一般の素人の方が借金の時効援用をプロの貸金業者相手に行使しようとしても落とし穴に嵌る事があります、借金の時効に関する事は必ず専門家である司法書士か弁護士に相談してください、結局それが問題解決の近道となります。