ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカード会社は銀行カードのローン残高が分かりますか?

2016/08/01

スポンサードリンク

クレジットカード会社は銀行カードのローン残高を把握する事が出来るのか出来ないのかのお話を今回させて頂きます。

現在、銀行系のカードローンというのは何種類もあり、個人信用情報の運用に関しては各社バラバラなのが現状です。

このバラバラだと言うことで銀行系のカードローンの残高の見え方について混乱される方がいらっしゃるので、まとめてみます。

まず、基本的な事から申しますと、銀行系のカードローンは総量規制外ですので、クレジットカード会社によっては他社借入れ欄に銀行系カードローンの借入れ額を書かなくてもいい場合もあります。

これはクレジットカード会社によって対応が全然違いますので、申込時に他社借入れ欄に銀行系カードローンの記入が必要なのかどうかはしっかり各社に聞いてみて下さい。

現時点で分かってるカードだけでも公表しても、いつクレジットカード会社の対応が変わるのか分かりませんので、審査の都度、ご自身で確認されることを強くお勧めします。

そして「クレジットカード会社は銀行カードのローン残高が分かりますか?」という疑問ですが、これも銀行系カードによって、そもそも登録する個人信用情報機関が違うので実は明確な答えがありません。

スポンサードリンク


銀行系クレジットカードは基本的に全国銀行個人信用情報センター(全銀協)に情報を載せます、そして会社によっては保証会社の関係で日本信用情報機構(JICC)にも登録したり、残高は載りませんがCICに契約情報だけ残すケースもあります。

貸金業者同士の借入れであれば、CICだけしか参照しないクレジットカード会社でも、JICCに載っていれば「FINE」というシステムで貸金業者が全ての指定信用情報機関を利用できます。

貸金業者には顧客の総借入残高を把握できるように、指定信用情報機関間での情報交流が義務づけられているので残高を把握することができますが、銀行系カードローンは貸金業者ではないので「FINE」での情報では残高を参照できないのでCICだけしか参照しないクレジットカード会社は残高が分かりません。

また、JICCに載っていれば審査の時に見るか見ないかは別として、JICCを参照するクレジット会社には理論的には銀行系カードローンの残高が丸見えです。

そして当然のことですが、全銀協を参照するクレジットカード会社は銀行系のカードローンとはいえ、残高を把握することができます。

このように銀行系カードローンといっても千差万別なんです。

ですから、クレジットカード会社が銀行系カードローンを把握することが出来るのか否かはご自身が使っている銀行系カードローンは一体どこの個人信用情報機関にどのように登録しているのか開示をして知っておかないとどうにもなりません。

面倒くさいと思われるかもしれませんが、ご自身の銀行系カードローンがどのように登録されたかはご本人で開示をして把握してもらわないとすべてが机上のお話になってしまうので、CIC、JICC、全銀協と全部の個人信用情報を開示することをお勧めします。

上記をまとめますと以下のようになります。

・自分の銀行系カードローンはどの個人信用情報機関にどのように登録しているか、CIC、JICC、全銀協とすべての個人信用情報機関を開示してみること。

・全銀協だけ登録の銀行系カードローンの場合、CICしか参照しないクレジットカード会社は残高を把握できない

・現状、CICしか参照しないクレジットカード会社は銀行系カードがJICCに登録している場合でもFINEという交流システムでは借入れ残高が把握できない(貸金業者専用の情報の為、銀行は貸金業者ではないから)