ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

CICに異動が載っていたのにクレジットカードが作れた理由

2016/08/01

スポンサードリンク

先日、過去に自己破産をされた方からこんなお話がありました、「自己破産から5年経過していないので、CICに異動完了情報が掲載されているのにアコムマスターカード作れた、なぜだと思う?

このような話は稀ですが、話は確かに聞きます。

そもそものお話なんですが、CICに異動情報が載っているからと言ってクレジットカードを発行してはいけないという法律などありません。

ですから、自己破産から5年経過していなくてCICに異動情報が載っていてもそのクレジットカード会社の審査部の判断によって発行される場合も、本当に稀ですがあります。

特にアコマスこと、アコムマスターカードは、一度審査を受けた方、また消費者金融で一度でも融資を受けられた方なら分かると思いますが、消費者金融系でお金を借りようとすると、私生活をさらけ出さないと審査に通りません。

例を挙げると、月の外食費はいくらだの、どこの店にいくだの、趣味何かだの、それはもう色々と個人情報を聞かれた挙句に審査落ちというケースも珍しくありません、通常のクレジットカードの審査ではそんな事聞かれません。

スポンサードリンク


消費者金融系というのは非常に独自のノウハウと基準を持っており、「既に債務整理を終えてしまった人」というのは、言い方を換えれば他に負債がない人でもあるので、お客さまを獲得したい時期、つまり公にはしてない社内キャンペーンの時期には過去に債務整理をしたと分かったとしても、審査に通すケースが稀にですがあります。

このような事は通常のクレジットカードではありえません。

債務整理をしたのにアコムマスターカードが発行されたというのは、アコム独自のノウハウの判断で、この人は債務整理をしたが現在十分に支払い能力があると認められた場合だけで、現在進行形で延滞を続けていて、CICに異動情報が載っているようなブラックには流石にお金の貸し出しもアコムマスターカードの発行もしません。

このように、過去に債務整理をして5年経過してないけど、うまく社内のキャンペーンか何かにうまく引っかかってカード発行されてしまう可能性が極薄ながらもあるのがアコムマスターカードというクレジットカードということになります。

しかしくどいですが、アコムマスターカードというのは、審査が甘いなんて事は絶対になく、徹底的に色々と聞かれ、審査を受けて支払能力があると判断されないといけませんのでメンタルの弱い方にはあまりお勧めはしません。

このサイトでは何回もご説明してますが、自己破産から5年経過して個人信用情報が真っ白になってから、携帯電話の分割でクレジットヒストリーをつけてから、過去に迷惑をかけてないクレジットカードに挑戦することを強くお勧めします。

また債務整理された方には皆さんにアドバイスをするのですが、債務整理から5年間くらいは、すぐにクレジットカードが欲しいとかキャッシングしたいとか思わずに、貸したお金を返してもらえなかった人や会社の事を考えて大人しく喪に服していましょう、債務整理から5年以内に色々申し込んだりして動いてもブラック情報(異動情報)は消えていませんので、ご自身が損をするだけです、お願いします。