ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの返済が毎月遅れているけど作れるクレジットカードはあるか?

2016/08/01

スポンサードリンク

手持ちのクレジットカードの支払が毎月遅れている状態で他社のクレジットカード審査が通るかどうか悩む方、珍しい話しではありません。

個人的には1枚でもクレジットカードの支払が遅れているのであれば、それを支払うにはどのようにしたらよいか全力で考え、行動をする事こそ根本の解決だと思うのですが、ここでは「クレジットカードの返済が毎月遅れているけど作れるクレジットカードはあるか?」を考えてみます。

まず、クレジットカードの支払を遅れてしまう方は、支払が遅れると一体何がどうなるのか理解してない方がほとんどです。

【関連記事】
致命的な延滞期間とは(異動はいつから?)
日本人が個人信用情報を理解してない理由

簡単に言いますとクレジットカードの支払いが遅れると、クレジットカード会社の社内システムに延滞のフラグが機械的に挙がります。

また、このフラグを元に後に督促発信等を行います。

スポンサードリンク


ちなみに、この延滞をした事実というのは、クレジットカード会社の社内的システム的には、その後に遅れて支払が行われたとしても消える事はありません。

遅れて支払った場合には支払日に支払をしなかったが、遅れて支払ったという事実が延々と残り、あまりにもその頻度が多いと途上与信にて利用停止やクレジットカードの更新拒否にあいます。

人間うっかりというのはありますので、たまたま一回だけ支払を延滞した場合にクレジットカードが利用停止になることは、ほとんどありませんが、その支払遅れが毎月の事になると、クレジットカード会社は個人信用情報機関であるCICの登録情報に支払が遅れている事実を以下のように登録し始めます。

【クレジットカードの支払が遅れた場合の個人信用情報の例】

支払を延滞した場合の個人信用情報

上記の図の入金状況を見て頂くと「$」が並んでいますが、これはきちんと支払日に支払ったというマークです。

また「A」というマークがありますが、これは支払が遅れた事を示すもので、これがついている状態だと、まず他社のクレジットカードの審査には通りません。

なぜなら、クレジットカードの新規審査の場合には必ずこの個人信用情報画面を参照して、あなたが他社で何か延滞を起こしていないか確認をするからです。

ここでこの記事の題名に戻ります。

クレジットカードの返済が毎月遅れているけど作れるクレジットカードはあるか?」でしたが、この回答には、まずあなた自身の個人信用情報を開示してみて、CICに延滞の事実があることを示す「A」がついてないかどうかを必ず確認しましょう。

毎月の支払が遅れている状態で、自身の個人信用情報を開示せずに他社のクレジットカード会社の審査が通るか否か考えても意味がありません。

自身の個人信用情報を開示をしてみて、過去の延滞が載っていれば他のクレジットカードの取得はほぼ無理でしょう、だって他社で延滞を繰り返してる個人信用情報の記録を見て審査を通すクレジットカード会社なんてありません。

また延滞を繰り返しているけど個人信用情報に延滞の記録が載っていなかった場合には他社には遅れて支払っていた事実が分かりませんから、他社のクレジットカードの審査が通る可能性もあります。

しかし、冒頭にも申しましたように、足りないお金を新しいクレジットカードの取得で補填するような自転車操業はいづれ破綻しますので、1枚でもクレジットカードの支払いが遅れるような事態になっていれば、新しいクレジットカードの取得を考えるよりも前にご自身の生活を見なおし、どうしても払えないようであれば、早めに債務整理の相談を専門家にした方が結局あなたの為になります。