ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの支払が遅れているが増枠申請は難しいか?

2016/08/01

スポンサードリンク

私がクレジットカードのコールセンターに長年勤務してきて、最初に驚いた事の一つに支払を延滞してる方から「クレジットカードの枠をもっと増やしてくれないか?」と言ういわゆる増枠申請のご相談が多かったことです。

この事を個人間に例えると、あなたが誰かにお金を貸していて、約束の支払が遅れているのに、予め約束していた返済日にお金を返してもらえず、事もあろうにさらにお金を返して欲しいと連絡してくるのと状況は変わりません。

普段から普通に支払日に支払をしている方には支払いが遅れているのに増枠申請という発想そのものが湧いてこないと思いますが、延滞を繰り返すお客さまというのは少なからずこのような発想をお持ちの方が非常に多かった経験があります。

クレジットカードのコールセンターというのは、このような一般のお客さまが思ってもないような質問の飛び交う戦場でもあり、クレジットカードのステータスが低いクレジットカードほどこの傾向が強く現れるものです。

【関連記事】
クレジットカードのステータス格付けランキング

では、今回の記事の題名でもある「クレジットカードの支払が遅れているが増枠申請は難しいか?」の答えになりますが、

当然ですが、難しいも何も「増枠は絶対にできません

スポンサードリンク


ここで問題なのは、延滞をしている方が遅れている支払いをどうするか?の話しの前に、お客さまが増枠申請の話をされていることです。

一般の方には今更の話しなのですが、クレジットカードというのは、クレジットカード会社とお客さまとの間で信頼関係を無担保で築いています。

クレジットカードの支払いが延滞してる状態や、毎月の支払いが遅れ気味の方が増枠申請をするというのは、そもそも毎月のお支払いの延滞してる事自体で信用を失っているのに非常識な考えです。

クレジットカード会社からすれば「このお客さまはお金に関して普通じゃない、支払いにルーズだし信用できない」と思われてしまい、最悪のケース、その増枠申請をした途端に利用停止や強制解約になるケースも多々あり、それを実際に見て来ました。

ですから、現在延滞をしてる方、または毎月支払いが延滞気味の方は絶対に増枠申請の連絡をしてはいけません。

毎月の支払いを延滞するくらいですから、お金がないのはわかります、しかしそれをクレジットカードの増枠でなんとか補おうとするのは大きな間違いであり、また一発でクレジットカードの強制解約になるような問い合わせでもあります。

お金がないのであれば、なぜお金がないのか冷静に考え、クレジットで物品を購入する事はやめて、どうやったらきちんと支払いが出来るのか分析しましょう。

どうしても支払いが出来ないのであれば、クレジットカード会社にきちんと連絡、それでも今後の支払いのビジョンが見えない方は1秒でも早く法律の専門家である司法書士か弁護士に債務整理の相談をされる事を強くお勧めします。