ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法

2016/08/01

スポンサードリンク

クレジットカードや信販会社のコールセンターに勤務してきた頃、クレジットカードやローンの仕組みをよく理解されてない方から「申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法」はないかと聞かれることがありました。

このような「申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法」という疑問を思われる方というのは住宅ローンの審査が通るか通らないかの心配をされている方を除き、だいたい過去に何か金融関連で何かをやらかしてしまった方が多いいようです。

まぁ、事前に審査が通るか自分で調べる方法を知りたい、分からないでもありません。

しかし、そのような心理につけこんで、中には「あの会社のローンが通るか調べます」といってお金を振りこませる詐欺もあることから、きちんと事前にローンの審査に通るか調べる方法があるかの解説していきます。

まず「申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法」についてですが、クレジットカードやローンを含め「申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法」なんて存在しません。

クレジットカードやローンの審査をするのは、クレジットカード会社やローン会社の審査部門であり、まさにその会社のブラックボックスでもあり、核心的部分、トップシークレットでもあります。

スポンサードリンク


そんなトップシークレットであるクレジットカードの審査やローンの審査の方法や結果について個人が「事前に審査が通るか調べる」なんてことは出来るわけがありません。

極端な話、クレジットカードの社員や信販会社の社員ですら、この人が審査に通るか通らないかは、最終的に、その会社の審査システムに通してみないと絶対に分からないものです。

ではなぜ審査システムに通してみないと分からないかというと、まず審査システムに通してみないと、その申込者が過去に自社で金融事故を起こしたことがないか調べることもできませんし、本人の同意もなしに個人信用情報機関を勝手に参照することもできませんので、本当に個人レベルで「ローンの審査が通るか自分で調べる」なんてことは絶対にできません。

ただ、過去に延滞を繰り返していたなどの、少し痛い過去をお持ちの方は、クレジットカードの申込みやローンの申し込みをする前に、ご自分の個人信用情報を開示して確認をしておくことを強くオススメします。

【関連記事】
個人信用情報機関について
CICとは?
JICCとは?
全国銀行個人信用情報センター(全銀協)とは?
 あなたは「信用情報」開示しないから失敗する

なぜ強くオススメするのかというと、クレジットカードやローンの審査の時には必ず個人信用情報機関ということろにあるあなたの個人信用情報の履歴を参照します。

個人信用情報機関を知らない方は何のことだか分からないと思いますが、簡単に言えばあなたの金融商品(クレジジットカード、ローン、キャッシング)の利用履歴であり、利用成績の証明とも言えます。

ですから、あなたが過去に金融商品を利用していて何か延滞でも起こしていれば、今現在でも個人信用情報に何か載っている可能性がありますので、個人信用情報に何かネガティブな事が載った状態ではクレジットカードやローンの審査は絶対に通りません。

ですから、最低でも先に関連記事で挙げた個人信用情報機関である

CIC
JICC
全銀協

をすべて自分で開示して、現在自分の信用情報がどのようになっているかを調べないといけません。

このような開示をオススメすると、だいたいの方が「めんどくさい」と言われるのですが、そもそも審査が通るか通らないか心配をするならば、最低でも自分の個人信用情報を開示して内容を把握しておかないと、何かネガティブな事が載っていると、どのローンを通そうとしても審査に通ることはありません。

だから審査に通るか心配するからご自身の個人信用情報の開示は必須です。

この世には「申し込む前にローンが組めるか、事前に自分で調べる方法」はありませんが、自分で出来ることとして、最低でも自分の個人信用情報を開示して綺麗な状態であるかを確認することが大事なことだと言うことをご理解下さい。