ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの増枠勧誘に応じない方がいいこれだけの理由

2014/07/09

スポンサードリンク

私が長年クレジットカードや消費者金融のコールセンターに携わっている中で、どうしても納得のいかない勧誘行為がしばしばありました。

それは、既存のお客さまへの増枠の勧誘案内です。

皆さんもクレジットカードや消費者金融を利用していて、増枠をしませんか?と電話がかかってきたことありませんか?

あの勧誘の電話って本当にお客さまに誤解を与えるんですが、事前に審査が完了していて、お客さまの了承が取れれば増枠OKという勧誘ではないんです。

基本的にクレジットカード会社なり、消費者金融が電話で「増枠をしませんか?」と勧誘してくる時には何の事前審査もしていない事がほとんどです。

普通の感覚だと、事前に増枠可能なお客さまを抽出して、そのお客さまに対して発信していると思いますが、ほとんどの場合、お客さまが「増枠してもいいよ」と電話口で確認出来てから審査をしています。

その為、こちらから「増枠をしませんか?」とわざわざ電話をしているのに、了承を貰ってから審査をしているので「審査の結果、ご希望(増枠)に添えかねます、申し訳ございません」と言わないとけない場面が出てきます。

当然お客さまは「なんでそっちから増枠の勧誘をしてきたのに、ご希望に添えかねますとか意味が分からない」とクレームになります。

そりゃそうです、頼んでもないのに増枠の勧誘電話をしてきて、「審査の結果・・・」と断りを入れられると、誰でも気分が悪いものです。

中には増枠の勧誘電話で増枠申請をしてしまったが為に、その増枠審査で信用情報を参照する際に何かネガティブな事を発見されてしまったり、リボ枠を目一杯使ってるのに(いわゆる「リボ天」なのに)増枠申請をしたという事で利用停止になる方も少なからずいらっしゃいました。

クレジットカード会社や消費者金融から「増枠しませんか?」と電話してきたのに、審査結果が「利用停止」・・・・・・笑えません。

ただでさえ、クレジットカードや消費者金融のコールセンターの言うのは電話を繋いだ瞬間から小一時間怒鳴られまくる事も珍しくないというのに、増枠の勧誘発信はわざわざこちらからクレームを開拓してるようなものです。

ですから、私がクレジットカードや消費者金融のコールセンターの責任者をやっていた時に何度かクレジットカードや消費者金融の社員さんと意見がぶつかった事があります。

簡単にいうと、こんな発信業務をしてもお客さまに誤解を与えるし、クレームになるしでいい事なんかありませんから、やめましょう、せめて普段から途上与信はやってるわけですから、その途上与信の過程で自動増枠が出来たお客さまに「増枠できました」と案内するに留めましょうと何度も進言してきました。

現場(コールセンター)を知ってる社員さんは「ごもっとも」と言われるんですが、そもそも増枠勧誘の発信をすると決めているクレジットカード会社や消費者金融の上層部の方というのが、これまた石頭が非常に多くて、現場をなかなか理解してもらえずに、いくらこれが実のない発信業務と訴えても聞き入れてくれませんでした。

この増枠の勧誘の電話、どうやら現在でも続いている会社があるようです、何故そのような方法でやるのか、長年コールセンターで働いてきた私も未だに理解が出来ません。

もし増枠の電話がかかってきても、自分の信用情報に自信がない方やリボ枠を目一杯使ってる方(いわゆるリボ天)は増枠申請によって利用停止になったりする事もありますので、安易に増枠しようかなと応じない方がいいと個人的に思います。