ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの支払いが出来ない時の対応法【要保存】

2016/08/01

スポンサードリンク

万が一、クレジットカードの支払いができそうにない場合、あなたならどうしますか?

司法書士となる前に長年様々なクレジットカードのコールセンターで勤務してきた私なりの「クレジットカードの支払いが出来ない時の対応法」をお伝えします。

まずクレジットカードの支払いが出来ないと判断した時に一番してはいけない事、それは「音信不通になって逃げる」ことです。

しかし、私が様々なクレジットカードのコールセンターに勤務してきて感じた事、それは延滞をするお客さまと言うのは高確率で音信不通となることです。

しかもこちらが入金が遅れている事を督促発信するも80%以上の確率で以下のような感じで怒鳴られます。

・仕事が忙しいのに電話してくるな!

・しばらくしたら払うから電話してくるな!

・お金があったら支払ってる、支払ってないと言うことはお金がないと言うことくらい分かるだろ?なんで電話してくるんだ、お前はバカか?

・今から入金しようとしてたのに督促の電話なんかをしてくるんじゃない、失礼だろ何考えているんだ、上司を出せ!

とまぁ、他にも色々あるのですが、クレジットカードの督促発信というのはまさに戦場、毎月きちんと支払いをしている方には信じられないと思いますが、支払いを延滞してるにも関わらず、督促をすると怒鳴るお客さまは本当に多いんです。

スポンサードリンク


クレジットカードの支払いが遅れた場合、クレジットカード会社が一番知りたい事は「遅れた返済をいつ支払ってもらえるのか?」この一点に尽きます。

ですから、決められた支払い日には支払えないが、数日後や2週間後、1ヶ月後にならなんとか支払えると言った場合には「こちらからクレジットカード会社に電話をして、いつ支払えるのか督促をされる前に連絡をする事」が大事なんです。

クレジットカード会社によっては、督促の電話をする事態にまで状況が悪化した場合、利用停止から即、強制解約にする場合もあります。

これがこちらから一本電話を入れて事情を説明して「いつまでなら支払える」という交渉をきちんとしていれば、当然利用停止は免れないものの、強制解約をされずに、滞納分をすべて支払えば、またクレジットカードが利用出来るケースも珍しい事ではありません。

ここで非常に大事なポイントは支払いが出来ない場合にこちらから連絡をするということです。

クレジットカードと言うのは、あなたが利用した様々な利用料金を担保なしでクレジットカード会社が立て替えてくれる仕組みなので、あなたとクレジットカード会社の信用関係だけで成り立っています。

ですから、クレジットカードの支払いが出来ないと判断した場合はクレジットカード会社に連絡をして正直にすべてを話して「いつになったら支払えるのか?」の相談をして下さい、必ず柔軟な対応をしてくれます。

クレジットカード会社というのは昔のサラ金のような悪質な取り立てはしません、今は支払いが出来ない事をきちんと相談をすれば、何も怒られる事なく、期限を延ばしてくれたりと柔軟な対応をしてくれるものです。

また、そもそもクレジットカードの支払いの目処が一切立たない場合、この場合は一刻も早く債務整理の為にお近くの法律事務所に相談して下さい。

自己破産をするような額でない場合にも任意整理など、司法書士や弁護士を通じて出来る債務整理の方法はいくらでもあります。

どう考えてもクレジットカードの支払いの目処が立たない場合は、払えないから放置ではなく、債務整理の相談を司法書士や弁護士にした上で、その旨をクレジットカードのコールセンターに連絡してもらえればクレジットカード会社も助かるというものです。

クレジットカードの支払いが出来ないのに放置していると、個人信用情報に金融事故情報が掲載される状態(いわゆるブラックリストに載る状態)が長くなるだけで何も良いことありません。

クレジットカードの支払いが出来ない時の対応法のまとめ

①クレジットカードの支払いが出来ない時はこちらから連絡をして、いつなら払えるのかを相談すること

②クレジットカードの支払いの目処が一切立たない場合は、早急に司法書士か弁護士に相談をして債務整理の手続きを開始して、その旨をクレジットカード会社に連絡すること

③間違ってもクレジットカード会社のオペレーターに怒鳴らない事、お金を返済してもらえずに困っているのはクレジットカード会社の方です