ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

CRINとは

2014/07/09

スポンサードリンク

CRINとはCIC(株式会社シー・アイ・シー),JICC(日本信用情報機構),KSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協) ,この3機関のの間で情報交流CRIN(Credit Information Network:クリン)を実施していて、各機関の延滞、代位弁済等の情報および本人申告情報(身分証の盗難情報など)の一部を相互に利用することです。

本当によくあるのCRINについての質問

実際に法律事務所で仕事をしていて、本当によくあるCRINについての質問をここで紹介します。

そのよくある質問というのは、過去に金融事故を起こし、法的整理(自己破産、個人再生、任意整理)をされた方からです。

その法的整理の完了から(自己破産⇒免責確定から5年、個人再生⇒完済から5年、任意整理⇒完済から5年)5年経過し、個人信用情報機関であるCIC,JICC,全国銀行個人信用情報センター(全銀協)をそれぞれ開示した所、CIC,JICCはその事実は消えていた、しかし、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)はまだ10年経過していないので、その事実がまだ載っている。

全国銀行個人信用情報センターを参照するクレジットカード会社(銀行系のクレジットカード)の審査は無理だとして、「CICのみ参照」、または「CICとJICCのみ参照」するクレジットカード会社でもCRINを通じて全国銀行個人信用情報センター(全銀協)にまだ掲載されている法的整理の事実が分かるのですか?と言う質問です。

本当にこの質問多いんですが、
答えから言いますと「CRINを利用しても(過去の法的整理)見えません

もっと正確に言うと
CRINで全国銀行個人信用情報センター(全銀協)に載ってる法的整理整理の終わった過去の異動情報は見えません

3機関のの間で情報交流CRIN(Credit Information Network:クリン)を実施、とあるのでCRINのボタンか何かを押せば何でも分かってしまうと勘違いされている方が多いのですが、分かりません。

実際私も「個人情報取扱主任者」という資格を取り、個人情報を参照する立場にいて実際の画面をずっと見てきましたが、CICだけ、もしくはCICとJICCを参照するカード会社や消費者金融がCRINを利用して全国銀行個人信用情報センター(全銀協)を見ても、過去の法的整理の情報は一切見えませんでした。

見えるのは「現在進行形ここ大事です)」で延滞をしていたり、今も借り逃げを続けていたりしている現在進行形の「異動」情報であり、過去の法的整理情報を共有はしてません。

ネットで検索すると、過去の法的整理も共有してると出てくると断言してる場合も多々ありますが、それは間違いです。

そんな事はありません理由は分かりませんが、そういう仕組みなのです。

今後の運用は分かりませんが、現在は間違いなくCRINでは過去の法的整理の情報は分かりません。

ですので、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)に破産情報の事実が載っていたとしてもCICのみ、またはJICCのみ参照のクレジットカード会社が破産から10年経ってないのにカードを発行したりするんですね。