ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ドコモがiPhone分割審査で個人信用情報について正しくに説明しているか確かめに行ってみた

2016/08/01

スポンサードリンク

このサイトでは以前から「スマートフォン(スマホ)などの携帯端末の分割払いは通常のローンであり、料金を滞納すれば個人信用情報に傷がつき、クレジットカードやローンが組めなくなる可能性がある」と警告してきました。

また最近、ソフトバンクモバイルが分割で支払いをしている6万件ものお客さまの個人信用情報に誤って滞納情報を載せていた事が判明し世間を騒がせました、非常に怖いですね。

【驚愕】ソフトバンクユーザーが強制的に「ブラックリスト」に!

ソフトバンクユーザーは今すぐCICへ確認に走るべき深刻な理由


ドコモiPhone5S)

そこで今回、個人信用問題をほとんど知らない学生中心に広がるスマートフォン(スマホ)等の携帯端末の分割購入での料金滞納で金融ブラックが増えている件について、政府広報でも注意喚起が出たことから、

各携帯キャリアは少しは懲りて契約時に個人信用情報の説明をするようになったのか、私がiPhone5Sを分割購入をしてみて、その審査の際にちゃんと個人信用情報機関について説明しているのか、ドコモ、ソフトバンクモバイル、auの三社を回って実際に契約をしてみて確認したので報告します。

まず私はドコモショップに赴き、予約していたiPhone5sシャンパンゴールド64Gを受取りにいき、分割の審査を行いました。

ちなみに入荷があった事を電話で連絡してきたドコモショップの方は「今回分割でのご購入ならば審査があります、審査に通らない場合は一括払いになりますがよろしいですか?」と念を押されて言われました。

スポンサードリンク


過去に携帯の入荷連絡の時に(例えばギャラクシーとか)こんな事を言われたことがないので、恐らくiPhoneの予約はして入荷したものの、iPhoneの分割の審査に通らずに一括で支払ったり、一括で払うお金がないので購入自体をキャンセルされるお客さまが急速に増えているからだと思います。

docomoの社員が語るドコモのiPhone審査が甘くない理由

ドコモショップの店員さんになにげなく、iPhone分割の審査に通らない方って多くいらっしゃるのかと何気なく聞いてみたところ、iPhoneの分割審査に関しては審査が通らない方が結構いらっしゃるので、こちら(ドコモショップ)も困っているとの事でした。

そして肝心のiPhoneの分割審査ですが、以下のような用紙にまず審査の時に参照する個人信用情報にアクセスしていいのかと同意をさせられます。

同意させられると言っても「審査しますのでサインして下さい」とだけです、「個人信用情報機関に今からアクセスしますがいいですか?」と具体的に店員さんからは聞かれません。

ドコモ個人信用情報機関への個人信用情報の照会・提供にかんする同意書

ドコモショップの店員の方からの説明では「審査に必要ですので、ここにサインをお願いします」と、さらっと言われるだけです。

スポンサードリンク

そして数分後、iPhoneの分割審査に無事通ると、契約プランの再確認などを行って手続きを進めていき、その過程で以下のように箱を開けて本体に傷がないかの確認が行われます。


DSC00998_mini

そして最後に契約プランの申込書等の書類、どさっと計7枚に一気にサインさせられるわけですが、その中にものすごく重要な書類がひっそりと混ざっていました、その書類とは以下の書類の事です。

【表面】
ドコモ個人信用購入あっせん契約申込書

【裏面】
ドコモ個人信用購入あっせん契約申込書 裏面

ここで大事なのは、「金額がいくらのiPhoneを自分が分割していて、何回払いなのかを確認する」のも当然大事ですが、本当に大事なことは、この契約が通常のローンであり支払いを延滞、滞納すると個人信用情報機関にその事実が登録され、いわゆる「ブラックリストに載った状態」になってしまう事なんです。

上記の申込書をよく見ると「個別信用購入あっせん契約申込書」の表面の下の方に赤い文字で当社の定める期日までに分割支払い金をお支払いいただけない場合、加盟信用情報機関にお支払いが遅延してる事実が登録されますと書かれています。

スポンサードリンク


しかし、ドコモショップではお客さまが多く窓口が混雑してるのもありますが、相変わらずこの点について注意喚起はしてませんでした、私に限らず隣のお客さまも同じです。

この点はこの後にソフトバンクモバイルやauで購入する友人についていき確認をしましたが、ちゃんと説明している携帯キャリアは皆無でした。

要するにソフトバンクモバイルのような重大な個人信用情報の誤登録という事件が起こっても、やはりドコモ、ソフトバンクモバイル、auと言った携帯キャリアはスマートフォン(スマホ)等の分割払いは通常の商品ローンと同じで、支払いを遅延すると個人信用情報に傷がついてローンやクレジットカード、住宅ローンの審査が通らなくなる事を最初に注意喚起をして説明を未だにしてないということです。

これじゃ、個人信用情報の事を知らない学生などが分割でiPhoneのようなスマートフォンを分割で購入してしまい、これが通常のローンである事にあまり関心がなく、簡単に携帯料金を延滞してしまい、個人信用情報機関にその事実が登録されてしまい、若くして金融ブラックになる方が後を絶たないわけです。

個人的に言わせて頂くと、分割購入の契約時に「当社の定める期日までに分割支払い金をお支払いいただけない場合、加盟信用情報機関にお支払いが遅延してる事実が登録されます。」に蛍光ペンで目の前で線を引いて注意喚起をすべきだと思うんです。

そんな大げさなと思う方もいらっしゃるかと思うのですが、この分割料金を延滞すれば個人信用情報機関に事故情報としてブラックリスト入りしますし、携帯端末の分割払いの場合、最大24回払いしかありませんので、その後完済したとしても完済から5年経過しないと過去の延滞情報は消えません。

その後住宅ローンを組む時になって、スマートフォン(スマホ)等の分割払いの延滞が原因で審査が通らなかったとすれば、人生を左右しかねない事なんです。

ですから、この記事を読んで頂いた方はもちろん、この事実を知らない、よく理解してない方がいたら、携帯の分割は通常のローンであり延滞すると個人信用情報が傷つき、その後の人生を左右しかねない事態に陥るから注意して下さいと教えてあげて下さい。