ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

クレジットカードの審査でキャッシング枠は希望しない方がいい理由

2016/08/01

スポンサードリンク

元ブラックな方は「キャッシング枠を希望しない方がいい」

「総量規制」と言う法律ががスタートしてから,クレジットカードの申込時やカードの更新時、または、突然カード会社から収入証明や源泉徴収書の提出を求められた方も多くいると思います。

そもそも「総量規制」がクレジットカード会社業界の自主的ガイドラインなどではなく、しっかりと守らないといけない「法律」となった事がその理由です。

また、最近のクレジットカードの申込にはキャッシング枠を利用されない方は、収入証明書等の書類の提出はありませんと、わざわざ但し書きをつけてる場合もあります。

元ブラックな方は「キャッシング枠を希望しなければクレジットカードの審査に通りやすくなる」と思われてる方も多いと思いますが、それは正解でもあり、不正解でもあります。

しかし経験上、キャッシング枠を申請してしまうと若干審査に通りにくくなるというのは実際にあります、それはやはり「総量規制」に業界が敏感だからだと思います、ですからよほどの理由がないとこれからのクレジットカードライフはキャッシング枠を付けない方がいいと思います。

実はキャッシング枠を付けない方がいいと思うのはもう一つ別の視点から言えます、クレジットカードのコールセンターに勤務していて、割りと問題になっていたのはクレジットカードの「スキミング」や「盗難」の問題です。

スポンサードリンク


「スキミング」とは本来の利用者の意図とは関係なしにカードのデータを機械で読み取られそれをコピーして不正に利用されてしまう犯罪の事を言います。このスキミングの被害にあったというお客様からの電話も年々多くなってました。

カード会社のカード保護の情報技術も向上しているので、スキミング被害は減ってると思ってる方も多いかと思いますが、実は逆で年々増えてきてるんですね。

これを読まれた方の中には「カード会社が不正にすぐに気づいて、カード会社にすぐに連絡すれば大丈夫」とか「不正利用があればカード会社から連絡がくるんだし気にすることではない」と思ってる方も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

クレジットカードの不正利用で補償を受けられるのは、申込書やあとから送ってくる書類に小さな字で書いてあった、「クレジットカードの利用規約の要件を満たしてる」場合の時だけなんです。

不正利用されたにあたって、カードの所有者に落ち度はないのはもちろん、暗証番号を間違えずに入力されてしまった場合や(現在、セキュリティーの面からカードには暗証番号のデータは入ってませんが、忘れは困ると財布に暗証番号の紙を入れてる方多いんです)不正利用からある程度の期間が経ってしまった場合(少額で気づかなかった等)は基本的に補償を受けることはできません。

一番怖いのは、使いもしないのにクレジットカードにキャッシング枠を設定していて、その暗証番号を突破され百万単位でお金を勝手におろされ自分が使ったわけでもないのに払わないといけないケースが結構あるんです。

くどいですが、もう一度言うと非常に理不尽ですが暗証番号を一発で突破され勝手にキャッシングされた場合(3~5回で間違えるとロックがかかる前に)ほぼ、「クレジットカードの利用規約の要件を満たしてる場合」という文言に引っかかりクレジットカードの管理を問われ、支払いを求められるケースを実際に何回も見て経験してきました、また、元ブラックな方はカードの管理も甘い傾向にあります。

セキュリティーの面からも、クレジットカードには不必要なキャッシング枠を付ける事は経験上、お勧めしません、