ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ブラックは最初の一枚が重要

2016/08/01

スポンサードリンク

過去に自己破産等の債務整理をされた方が喪が明けて(個人信用情報機関であるCICとJICCから事故情報が消える5年間が経過して)さぁクレジットカードを再取得して再出発しようと思った時に、何が大変なのかと言うと最初の一枚が大変なんですね。

このサイトでも何度か解説してますが、喪が明けてのクレジットカード取得を困難にさせている原因はクレヒス(クレジットヒストリー)が真っ白だと言うことに尽きます。

個人信用情報に金融事故が載っている5年間は当然クレジットカードを新たに作る事ができませんし、利用する事が出来ないのでクレヒス(クレジットヒストリー)が全然育たない事から個人信用情報が真っ白になり、新規にクレジットカードを取得しようとしても、審査の段階で個人信用情報が真っ白な事を確認されてしまうとクレジットカード会社は『この人は過去に債務整理等の金融事故を起こして5年経過したから消えただけだろう、他社の利用も現在ないし、あえて自社がババ(一番最初に審査を通してしまう、要するにお金を貸してしまう)を引くような事はしないでおこう』ということになってしまってるのです。

これが年齢が若い時(20代)であれば当然クレジットカードもローンも組んだことがないでしょうから個人信用情報が真っ白でも疑われないのですが、ある程度の年齢(30代以上)が個人信用情報が真っ白だと過去の金融事故を疑われてしまうわけですね。

そこで最低限のクレヒス(クレジットヒストリー)を付ける為には現在携帯端末の分割でクレヒス(クレジットヒストリー)を付けることをお勧めしますその理由は「携帯分割でクレヒスをつける」を参照して下さい。

スポンサードリンク


そういう最低限のクレヒス(クレジットヒストリー)をつけてからブラック喪明けの最初の一枚を何にするか探すわけですが、当然「審査難易度が高くないクレジットカード」から選ぶわけです。

当たり前の話ですがブラック喪明けでいきなりダイナースなどのステータスも審査難易度も高いクレジットカードの申込は無謀です。

よくブラック喪明けに楽天カードをお勧めするサイトを見かけますが、私が司法書士の仕事をしていて気づくのは過去に債務整理を整理をしたクレジットカード会社、信販会社の中に「楽天カード」「(旧)国内信販/(現)KCカード」がある事です。

またよくある質問で「(旧)国内信販で金融事故を起こした人は楽天カードは無理なのですか?」という質問を頂くのですが、現在楽天カードとKCカードカードは別のシステムです。

しかし、かつては共通のシステムで運用していたので国内信販の社内ブラック情報は楽天カードへ分離独立した後も引き継がれていますので国内信販で過去に金融事故を起こした方は楽天カードの取得は無理と思っててよいでしょう。

いくら自己破産の免責で返済を免れても任意整理や個人再生で返済を完了したとしても、過去に自社で金融事故を起こした人は「社内ブラック」扱いになり、今後永久に債務整理の対象とした会社でクレジットカードやローンを組む事は不可能です。

 

 ブラックの喪明け後に最初に目指すクレジットカードとは

スポンサードリンク


これまでの事からブラックの喪明けに最初に目指すカードは各自色々と意見はあると思いますが、個人的主観からアドバイスを書かせて頂きます。

1,マジカルクラブカードに申し込んでみる

携帯分割(携帯割賦)で最低半年以上クレヒス(クレジットヒストリー)を積んでからマジカルクラブカード(ハウス)に申し込んでしばらくクレヒス修行、ハウスカードで最低半年以上支払いをして時期がきたらマジカルクラブカードJCBへ切り替えの申込をしてみる(※ちなみに過去にJCBカード本体で金融事故を起こしていてもマジカルクラブJCBカードはJCBが審査をするわけではありません、「ニッセンGEクレジット」が行います)マジカルクラブカードJCBでクレヒスを積んだらそこで初めて他社に申し込んでみる。

※2013年3月下旬にマジカルクラブカード(ハウス)は廃止となりましたので、今後はマジカルクラブカードJCBに直接申込となります、審査基準はハウスよりやや厳し目の設定となります。

 

2、ヨドバシゴールドポイントカードプラスに申し込んでみる

携帯分割(携帯割賦)で最低半年以上クレヒス(クレジットヒストリー)を積んでから、ヨドバシゴールドポイントカードプラスに申し込んでみるのもありです。

ヨドバシゴールドポイントカードプラスは審査をプロセントという会社に委託してますが、このプロセントという審査会社、現在セディナやOMCカードの審査も委託されている会社になります。

ということは過去にセディナやOMCカードで金融事故を起こして社内ブラックになっている人は無理と思われがちですが審査システムをプロセントが持っているシステムを使っているだけで社内ブラック情報までセディナやOMCと共有してるわけではありません。

実際セディナやOMCに迷惑をかけた過去のある方でもこのカードを取得されたケースを何度も見ました。

このカードはヨドバシの店頭で申し込む場合、一次審査に通過すると「仮カード」が発行されます。

この仮カードにさえ通過すれば高確率で本カードの審査に落ちる事はないようです。(※当たり前ですが、その方の属性により仮カードに落ちる方もいれば仮カードを通過して本カードで落選する方もいます)決して審査が甘いということではありません、現在きちんと仕事をしており、最低携帯分割(携帯割賦)のクレヒスでもあれな何とか引っかかる可能性があるカードということです。

 

3,ビックカメラSuicaカードに申し込んでみる

ここも携帯分割(携帯割賦)で最低半年以上クレヒス(クレジットヒストリー)を積んでからの申込が条件になりますが、店頭の申込で仮カードがあったりする仕組みはヨドバシと同じです。

ただ審査会社が「ビューカード」という会社、謎の多い審査で有名な所です。

過去に「ビューカード」に迷惑をかけた事のない方であれば最低でも携帯分割(携帯割賦)のクレヒスを積んでから申込してみるのもいいかもしれません。

以上の事を踏まえ、結論から言いますとブラック喪明けからの最初の一枚は「マジカルクラブカードJCB」だと思います。

ビックビューSuicaカードやヨドバシゴールドポイントカードの審査の厳しさはマジカルクラブカードと比較になりませんので基本的にマジカルクラブカードの申込をお勧めします。

※過去に一切国内信販や楽天カードに迷惑をかけてないなら「楽天カード」でもいいと思います、ただブラックな方はほとんどこのカードで過去に金融事故を起こしてるのでお勧めしても意味がありません。

最初に何らかのクレジットカードにさえ通過してしまえば後はきちんとそのカードで最低1年は支払いを続ければ過去に金融事故を起こした会社やとんでもなくステータスの高いクレジットカードでもない限り属性さえよければ、いずれ目標としていたステータスのあるクレジットカードも取得できるようになりますし、全銀協から金融事故情報が消える10年が経過すれば住宅ローンも組めるようになりますし、どんどん夢は膨らむわけです。

ですのでブラック喪明けの最初の1枚のカード、ここをいかに通過させるようにするかが、あなたのクレジットライフの再生にかかってますので最低でもご自分で個人信用情報の開示の癖をつけて信用情報とはこのようになってるのだと勉強をしておくべきですね。