ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

海外発行のクレジットカードを取得

2016/08/01

スポンサードリンク

海外発行のクレジットカード」、このフレーズに思わず釣られてしまった方、気持ちは分かりますが、非常に危険です。

たまに「100%作れるクレジットカード」や「100%作れる海外のクレジットカード」なんかの情報を高額で販売しているサイトを見かけますが、そもそも「100%作れるクレジットカード」なんてありません。

金融ブラックな人が最終的に行き着く考えはだいたい一緒で、自分のブラック情報がない海外でなんとかクレジットカードが作れないものかと考えてしまうんですね。

いわゆるクレジットカードと同じような機能のある「デビットカード」は個人信用情報機関を参照して審査をしないのでクレジットカードよりは作りやすいかも知れませんが最近ではデビットカードからの月額料金を引き落としが出来ない会社が続々と出てますし(有名な話では携帯料金の口座振替やプロバイダー料金の引き落としも不可になってます)そういう意味ではデビットカードがクレジットカードと同等の機能で使えるかと言ったら無理な話です。

このサイトをご覧頂いている方は、どうにかしてクレジットカードが欲しいとか、なんとか自動車ローン、キャッシングローン、ショッピングローンをしたいと思ってる方も多いと思います。

そういう方は焦って様々な情報に振り回される傾向にありますね。

よくネットで「こんな情報があって100%通ると見たんだが本当だろうか?」と見かける事がありますが、そういう疑問を無くすためにもなぜ「100%作れる海外のクレジットカード」が無いのかを考えていきましょう。

スポンサードリンク

 なぜ審査100%通過がないのかを冷静に考える。

 

クレジット等の金融商品の審査はシステムによる自動スコアリングと審査部門による人間の目という両面から行なっています。一度「属性とスコアリングについて」説明しましたが、今一度、簡単に振り返りましょう。

◆コンピューターシステムによる客観的な自動審査

あたなと言う個人を個人情報から点数化(スコアリング)し、点数(スコア)が満たない人を冷静に素早く分別し、審査で落とします。スコアリングの中身自体はその会社毎に少しづつ違い、また、その中身は企業秘密。

だからと言って属性を高く見せるようにクレジットカードの申込に虚偽を書き込んで可決するほど甘くはありません。

万が一、虚偽の申告でスコアリングシステムを通過しても審査部門の人間の審査+個人信用機関の情報によって発見されます。

◆審査部門の人間による審査

今はほとんどのクレジットカードの審査が申込から発行まで自動化してますが,中にはシステムで自動判断できずに、審査部門に審査が回ってくるケースが多々あります。

自動判断できないというのは、システムというのは経験や勘が働かないので入力された行動以上の事はしない事から起きます、機械審査に即落ちではないものの微妙なので人間の目でよろしくと言う場合も多くあります。

審査部門の人間は個人信用情報機関の情報を含め、総合的な審査をします。

審査部門の人間は毎日毎日、個人情報を見て、判断をし、発行を許可したりしますが、(個人情報ではグレーだったお客が)自分が許可を出したお客がその後どのような使い方をしたのか?等,経験を常に蓄積していき、磨いてます。

ですので審査部門の人間個々で経験や知識、勘の違いは多少ありますが、めちゃくちゃ鋭い観察観を持ってますので虚偽は高い確率で見破られます。

また嘘を見破られるとその会社ではもう二度とクレジットカードは作れない要注意人物として「社内永久ブラック」入りをします。

こうして振り返ると、100%作れるクレジットカードなんて存在しない事が分かります。

どんな事でも抜け道はあるものですが、クレジットカードの審査には抜け道はありません。

よく「あなたのブラック情報を消します」というサイトを見かけますが、1000%無理です。

社内に蓄積したネガティブ情報と個人信用情報機関にあるネガティブ情報、これをまとめてブラック情報(ブラックリスト)と言いますが、そんな事どこの誰が可能なんでしょうか?

高額なお金を要求して消しますという業者もいるので注意して下さい。

スポンサードリンク

 海外発行のクレジットカード

 

このページの一番最初に説明しましたが、ブラックな方がよく騙される情報に、「国内でブラックでも海外でクレジットカード発行可能」と言うのがあります。

この海外でクレジットカードを発行する事自体は、可能か不可能かと言えば、可能なんですが、(私は持ってませんが友人が持ってます)それには基本的に日本在住のままでは無理な前提条件があります。

その前提条件とは、その海外の国で合法的に仕事やら学生である程度居住し、ごく普通の社会生活を送って、かつ、向こうでもクレジットヒストリーを積んで、問題がなければ海外発行のクレジットカードを取得できますが、居住国でもない外人が海外である国のクレジットカードを作るなんてほぼ無理です。

ほぼと言うのは、一部のセレブは事業などで海外に口座を持っていたりします。

そう言うった特殊な方は居住してなくても口座の残高が非常に多い場合に、あちら(金融機関)から海外発行のクレジットカードを作りませんか?と勧誘され入ります。

一般人には全く関係のない話ですので、海外発行のクレジットカードの取得は100%不可能ではないにしても、とても日本に居住してる一般人が取得できるシロモノではないことを覚えておいて下さい。