ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ジャパネットたかたはブラックリストでも通るか?

2016/08/01

スポンサードリンク

債務整理のお仕事をさせて頂いてると、多重債務者である依頼人の方から、えっ?と驚くような質問をされる事も珍しくありません。

そもそも多重債務になられる方というのは、世の中のお金の仕組みをあまり理解してない方が多いのは事実です。

お金の仕組みを知らないのは恥ずかしい事ではありませんが、知らないとご自身が損をすることだらけの世の中ですので、クレジット審査にはあなたの個人信用情報というものが参照されていること等など、ローンやクレジットカードと言った金融商品の仕組みを理解しておくだけでも今後全然違うと思います。

【関連記事】
個人信用情報機関について
日本人が個人信用情報を理解してない理由

さて、本題に戻りますが、先日多重債務の相談にこられた方から「債務整理をしたらしばらくクレジットカードは作れないと聞いたので何か欲しい家電があればジャパネットたかたの分割払いを利用してみようと思う」と言われました。

スポンサードリンク


ジャパネットたかたは一回払いも出来ますので「債務整理をするので今後はお金を貯めてジャパネットたかたで一括払いで買っていく」なら分かるのですが「債務整理をするのでジャパネットたかたで分割払いを利用してみる」という言葉に脊髄反射してしまいました。

ご相談者の方にはなぜ債務整理をするのにジャパネットたかたで分割払いをしようとしてるのか聞くと、「だって分割金利手数料無料って何度もいうでしょ、あれはジャパネットたかたがどうしても売りたいからジャパネットたかたが審査を甘くしてるというか、誰でも審査が通るものだと思うんだけど違うの?」と質問されました。

確かに「ジャパネットたかたでは支払には便利な分割をご利用下さい、しかも分割金利手数料はジャパネット負担です」と何度も売り込みしてるので、クレジット審査の仕組みを知らない方には、分割金利も負担してくれるし、なんだか分割審査なんてあってないようなものだと勘違いする方もいるかもしれません。

私もよくジャパネットたかたの専門チャンネル「ジャパチャン」を一日中つけてる時もあるので、その気持ちが分からなくもありません。

しかし、ジャパネットたかたの分割審査というのはジャパネットがやるのではなく、ジャパネットの場合は「セディナ」という信販会社が審査をします、要するに通常のローン審査となんら変わりがないのです。

ジャパネットたかたで分割払いを選択すると「セディナ」と個別に契約をしてその分割金利分をジャパネットたかたが負担をしてくれるというものであって、ジャパネットたかたが分割審査をするわけではありません。

またジャパネットたかた以外にもテレビショッピングは沢山ありますが、その分割払いの審査の時にも必ずどこかの信販会社との個別契約、つまりローン契約をしないといけません。

ですから本記事の題名でもある「ジャパネットたかたはブラックリストでも通るか?」には「ジャパネットたかたの分割審査にはセディナという信販会社が通常のローンの審査をしますので、その際にあなたの個人信用情報を必ず見られますのでブラックでは100%審査には通りません」が正解です。