ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

注意!携帯料金の支払い遅れに対する対応が厳しくなってきている

2014/07/09

スポンサードリンク

ここ最近、携帯端末の分割代金を含む携帯電話料金の支払いを延滞することによって個人信用情報期間であるCICに延滞の事実である「A」を付けられるケースが増えています。

以下の関連記事にも書いていますが、携帯端末の分割代金を含む携帯電話料金の支払いを遅れても、各携帯キャリアはクレジットカードや一般的なローンと違い、すぐに延滞の事実を個人信用情報機関であるCICに載せてなかったのですが、

ここ最近、実際に携帯端末の分割代金を含む携帯電話料金の支払いを延滞した方の個人信用情報を開示して頂いて確認してみると、口座振替不能で振込み用の請求書が送られてくる前に延滞の事実であるAを個人信用情報機関であるCICに載せられているのを確認しています。

【今回の記事の関連記事】
携帯電話の分割払いには注意
若い方には携帯代を滞納したら金融ブラックになる事を知って欲しい
スマートフォン(スマホ)の分割払いに注意すべきこれだけの理由
スマートフォン6000万件時代の到来で金融ブラックがさらに増加する
「スマートフォンの普及で金融ブラックが増加」を数字から考える
クレジットヒストリー(クレヒス)とは何かを基礎から考える
携帯電話支払い滞納で住宅ローンが組めない理由
致命的な延滞期間とは(異動はいつから?)
携帯電話会社が審査時にcicに照会登録しだしたのはいつ頃か?

この事から今まで口座引き落としが出来なくても後日届く振込用紙に書いてる期限内に支払えばOKと言った方は要注意です、携帯各キャリアは延滞者に対して方針を転換してきています。

また、ヤフー知恵袋などで検索してみても、後日届く振込用紙で支払えば個人信用情報に延滞の事実である「A」は載らないと書いてあり、それがベストアンサーになってたりするので、それをそのまま鵜呑みにする個人の方が多いので注意しましょう。

クレジットカード会社や信販会社は審査の時に個人信用情報を見れば携帯端末の分割をしてるのも分かりますし、その入金状況も丸わかりです。

そんな状況で携帯端末の分割払いの入金状況に延滞の「A」が何度もついていると、クレジットカード会社や信販会社も「携帯料金さえまともに払えない人」だと判断されて、クレジットカードの審査、信販会社のローンの審査、住宅ローンの審査などに通るはずがありません。

以前は結構ユルユルだった各携帯キャリアの延滞に対する対応も、ここにきて期日通りに支払いがないと個人信用情報機関であるCICに延滞情報を載せる運用に変えてきてると思われますので、当たり前の話しですが携帯電話料金だと侮らずにちゃんと期日通りに支払いをしましょう。