ブラックでもクレジットカードが欲しい.com

個人信用情報について日本で一番詳しく解説しているサイトです。

ANAアメックスの審査は甘い?

2016/08/01

スポンサードリンク

債務整理の仕事をしてる中で、特に若い方からなんですが、「喪が開ける5年はクレジットカードはもう無理ですよね?」と聞かれます。

要するに「個人信用情報機関(CICとJICC)から事故情報(自己破産等の金融事故)が消える5年後には再度クレジットカードを持てますよね?」と聞かれます。

人生やり直しの為のクレジットカード再取得方法もケースバイケースなので、今回金融事故を起こした所はほぼ永久社内ブラックなので無理だという事実と、その金融機関のグループ会社でも今後難しいだろうとアドバイスをします。

そもそも破産等の債務整理をしてる段階でクレジットカード取得のアドバイスの話を今からするのは、なんだか懲りてないと思ったりするものですが、その時に正確な情報を教えないが為に、後々ネットに広がる間違った情報に泳がされるケースも多いので、債務整理の段階で質問があれば、お話をしています。(あくまでもお客さま側から聞かれたら、です)

しかし、その時にお客さんから度々出る話題が、「アメックスは甘いから、5年後にそこからやり直します」とか「アメックスからまたやり直せばいいんですよね?」という話です。

なぜアメックスを甘いと考えてるのかと聞くと皆さん口々に
ネットにそう書いてあった」と言われます。

スポンサードリンク


答えから言いますと「アメックスの審査は甘くありません

また「ANAアメックスゴールドの審査は甘くありません

以前にも述べたように個人信用機関には

・CIC(株式会社シー・アイ・シー) ※クレジットカード会社、信販会社系
・JICC(日本信用情報機構) ※消費者金融(サラ金) 信販系
・KSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協) ※銀行系

の3つがあります。

アメックスは審査をする段階で、
・CIC
・JICC
・KSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
この3つすべての個人信用情報機関を参照します。

債務整理の事実(自己破産の免責確定から5年等)から5年経過して、
CIC、JICCからは金融事故の事実が消えても、
KSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協)は10年間消えません。

当然アメックスに申し込むと
KSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協)も参照されますので、
破産の事実等の過去の事実が丸わかりです。

しかし、アメックスというクレジットカード会社は、いかにもアメリカのクレジットカード会社らしい独特ののスコアリング、審査を行なっており、債務整理完了の事実をアメックスは知っても、その人の属性にもよりますが発行する場合があります。

日本のカード会社のように個人信用情報機関に金融事故が現在進行形で載ってたら、
ほぼ100%発行は無理というシステムではないクレジットカード会社です。

そういう独特の審査が間違って伝わって、
アメックスは
ブラックでも通る
ブラックでも甘い
という風にネット伝わってます。

アメックスは過去の破産等の事実を知っても、現在の属性を重要視する会社です。
確かに現在破産情報がKSC:全国銀行個人信用情報センター(全銀協)に載ってても発行したりします、しかし、様々な審査通過、審査落ちを見てきた私から言わせてもらえば、アメックスが甘いなんてとても思えません。

スポンサードリンク


審査を通過された方はアメックスが認めた属性に合ってるというだけで、私から見たら非常に高属性の方でも落ちた方を何人もしってますし、逆に別に無理してその年会費を払ってでもアメックスが必要でしょうか?と思う属性の方も審査を通過してますので、本当に審査がアメリカ文化を色濃く影響している独自の審査なんだといつも思わされます。

通る方は最初から通りますし、通る方は通らない、それがアメックスというカードです。

通ったから方からしたら「甘い」よと言われるかも知れませんが、長年クレジット業界にいて当落を沢山みてきた私からみたらそういう風に思えません。

アメックスは入会審査、そして特に途上与信をしっかりやるクレジットカード会社です、舐めたらいけません。

またよくある話ですが「ブラックでもANAアメックスゴールドカード(穴雨金)が甘い」と言う話も聞きます。

「ANAアメックスゴールドカード」はANAとアメックスとの提携カードであり、年会費もなかなかのものです。

ネットには、(比較的)高額な年会費を取るので「ブラックでもANAアメックスゴールドカード(穴雨金)は審査が甘い」なんて言われますが、そんな話は信じてはいけません。

確かにANAアメックスカードはプロパーカードではない、アメックスのブランドがANAカードについてる「提携カード」ですが、発行はアメックスですので、審査の時にKCS:全国銀行個人信用情報センター(全銀協)をキチンと参照します。

ですので審査されたら10年以内の処理された金融事故は丸わかりです。

CICとJICCの信用情報が真っ白になった5年後、クレヒスが真っ白な常態で申し込んでもアメックスの求める属性に満たない場合は審査落ちします。

年会費が高いから、カード会社も年会費が欲しいので審査を通すだろうなどの勝手な妄想はいけません、カード会社の目指す主な収益源は年会費ではありません、利用者がきちんと利用して得られる加盟店からの手数料収入が主な収入源となります。

またゴールドカードですので、ご自分の身の丈に合ってればいいのですが、身の丈に合わないカードを申込しても結局審査落ちして自分の信用情報を汚すだけですので、申し込む前に「ANAアメックスゴールド(穴雨金)甘くはない」「アメックスは甘くない」と認識して申込みをしましょう。